ニュース

チェック・ポイントが2018年のセキュリティ動向予測を発表――モバイルとIoTデバイスの対策が課題に

文◎村上麻里子(編集部) 2017.12.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズはこのほど、2018年のサイバー・セキュリティ動向の予測を発表した。

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ セキュリティ・エバンジェリストの卯城大士氏

それによると、①モバイル端末の危険性、②IoTデバイスによる攻撃への対応、③マルウェアやランサムウェアの脅威の3点がポイントになるという。

まず①については、スマートフォンやタブレットなどの業務活用が進んだ結果、これらモバイル端末がサイバー攻撃の企業ネットワークへの侵入口となっている。

チェック・ポイントのリサーチチームは今年11月、「Check Point SandBlast Mobile」を導入した企業850社を対象に行った調査を基に、モバイルセキュリティに関する最新レポート「Mobile Impact Every Business」をまとめた。業種の内訳は技術系32%、金融系21%、製造15%、通信12%、小売り7%、政府機関5%などとなっている。

同レポートによると、調査対象となった全社がマルウェアによる攻撃を経験していることが明らかになった。業種別では、金融と政府機関が攻撃による影響を最も受けている。iOSはAndroidと比べるとセキュリティ強度が高いとされ、金融機関ではiOSを選択する傾向がある。しかし実際には、iOSを採用している金融機関の40%がマルウェアの攻撃を受けており、「iOSといえども決してパーフェクトではない」(卯城氏)という。最近はSMSを用いたフィッシング詐欺や中間者攻撃なども増えているが、iOSもこれらの攻撃は避けられない。

 
業種別では、金融と政府機関が攻撃による影響を最も受けている

こうした状況にもかかわらず、「企業におけるモバイル端末に対するセキュリティ対策は、PCと比べると不十分」と卯城氏は指摘する。企業の重要データなどを持ち歩くことも多いだけに、ひとたび攻撃を受ければプライバシーの侵害など深刻な被害をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らす。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます