企業ネットワーク最前線

LoRaの実証実験に“ひっぱりダコ”のジーアイサプライ

文◎唐島明子(編集部) 2017.10.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

GPSトラッカーのシステムを開発・販売するジーアイサプライが、LoRaWANを扱う大手通信事業者やITベンダーからの注目を集めている。同社が各地で行われている実証実験で活躍する理由はどこにあるのか。

 
LoRaWANビジネスを始めようとする大手通信事業者やITベンダー、電機メーカーから、多くの問い合わせを受けている企業がいる。北海道に本社を構える2003年設立のGISupply(ジーアイサプライ)だ。

ジーアイサプライは数年前から、3G回線を利用したGPSトラッカーなどのシステムを手掛けてきた。GPSトラッカー本体やトラッカーの位置情報をリアルタイムで管理するアプリケーションを開発・販売している。

強みは「技適」と「量産」一見しただけでは、LoRaWANビジネスにおけるキラーアイテムを持っているわけではなさそうな同社が、なぜ関係者の注目を集めているのだろうか。

「以前から、3G回線のGPSトラッカーを製造する台湾GlobalSat(グローバルサット)社と取引があった。GlobalSatは欧州や米国向けのLoRaWANエンドデバイスも作っており、日本向けのデバイス開発をリクエストしたら素早く対応してくれた。今年1月にはLoRaWAN対応GPSトラッカー『LT-100』の技適を取得。早い段階で量産モデルをリリースできたことから、大手通信事業者や電機メーカーなど数多くの企業から声をかけていただいている」

こう説明するのは、ジーアイサプライの企画・開発部技術課で課長を務める諸橋啓介氏だ。同社は、GlobalSatの日本総代理店として、GlobalSat製のLoRaWANエンドデバイスを国内で独占販売している。

GPSトラッカーLT-100のポイントは「技適」と「量産」にある。

海外ではすでに、LoRaWANは広いエリアで展開されており、様々なエンドデバイスが市場に出回っている。ところが日本では、海外のデバイスをそのまま持ってきても使えない。日本の電波法の技術基準に従ってデバイスを開発し、その技術基準に適合していると認証を受けて技適(工事設計認証)を取得する必要があるためだ。

しかし技適取得済みのLoRaWANエンドデバイスはなかなか見当たらない。そうしたなか、日本国内で利用でき、しかも量産体制が整っているGPSトラッカーLT-100は貴重な存在というわけだ。価格も1台当たり約1万8000円と比較的リーズナブルに入手できる。

ジーアイサプライはGPSトラッカーのほかにもGlobalSat製のCO2センサー「LS-111」、COセンサー「LS-112」、PM2.5センサー「LS-113」なども取り揃えており、これらは様々な実証実験で活躍している。

LoRaWAN対応のGPSトラッカー「LT-100」(左)とCO2センサー「LS-111」
LoRaWAN対応のGPSトラッカー「LT-100」(左)とCO2センサー「LS-111」



例えば、ソフトバンクと静岡県藤枝市は、同市全域にLoRaWANネットワークを張り巡らせたIoT実証基盤を構築しているが、その基盤で利用可能なLoRaWANエンドデバイスとして、同社のGPSトラッカー、CO2センサー、COセンサー、PM2.5センサーが挙がっている。

また、NTT西日本が行ったゴルフカート運行管理の実証実験、KDDIなどが実施した除雪車の位置情報管理の実証実験、LiveRidge(本社:東京都港区)が鹿児島県肝付町で行った高齢者の徘徊模擬訓練では、GPSトラッカーLT-100が使われた。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necm1811
hytec1811
mi1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
ws58

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます