企業ネットワーク最前線

LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方(前編)

メールでは遅すぎる!「チャット」は企業に必須のビジネスインフラへ

文◎太田智晴(編集部) 2015.12.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LINEの国内利用者数は5800万人以上。すっかり日本の「生活インフラ」として定着したチャットが、「ビジネスインフラ」としても急速に浸透し始めている。ただ、LINEのようなコンシューマー向けのチャットを企業で使うのはリスクが伴う。本特集ではチャットを業務で活用するメリット、そして企業向けに開発された「ビジネスチャット」の特徴や選び方を紹介していく。

 

いま日本人の間で、最も接触頻度が多いコミュニケーションツールの1つといえばLINEだろう。

LINEの運営会社によれば、LINEの国内利用者数は5800万人以上にのぼる。毎日利用しているユーザーの比率は69.1%で、実に4000万人以上の人が1日1回はLINEを使ってコミュニケーションしている計算になる。「メールや電話ではなく、LINEが最も日常的なコミュニケーション手段になっている」という人は、いまやかなり多いはずだ。

 


図表1 LINEのユーザー数(出典:LINE 2015年10-2016年3月期 媒体資料)
LINEのユーザー数


総務省の調査を見ても、人々のコミュニケーションスタイルの変化は明らかだ。LINEなどのソーシャルメディアの行為者率(平日)は28.3%と、すでに携帯通話の行為者率を上回り、コミュニケーション系メディアの中で2位となっている。1位のメールとの差はまだ大きいが、メールの行為者率が減少傾向にあるのに対して、ソーシャルメディアは伸び続けており、いずれメールを逆転する日もやってくるかもしれない。

※行為者率とは、平日については調査日2日間の1日ごとに、ある情報行動を行った人の比率を求め、2日間の平均をとった数値のこと。



図表2 コミュニケーション系メディアの行為者率(出典:総務省「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書」)
平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書

 


ちなみに、LINEのグローバルでの月間アクティブユーザー数(MAU)は約2億1000万人。海外にはLINE以上のユーザー数を獲得しているチャットも少なくなく、MAUが9億人を超えるWhatsApp、7億人超のWeChatなどが有名だ。日本だけではなく世界中で、チャットは主要なコミュニケーションツールの1つとして根付いた。特定の世代だけで使われているわけでもなく、ユーザーの年齢層も幅広い。

 


図表3 LINEのユーザー属性
(出典:LINE 2015年10-2016年3月期 媒体資料)
LINEのユーザー属性


さて、本特集のテーマは、企業向けチャットである。簡単にいうと、LINEのビジネス版のことで、管理機能など企業で必要とされる様々な機能が強化されている。本特集では、こうした企業向けに開発されたチャットのことを「ビジネスチャット」と総称することにする。

コンシューマー向けチャットであるLINEのユーザー数の話から、ビジネスチャット特集を始めたのは他でもない。最近、チャットを業務に活用する企業が増えているが、これは一時的なブームだったり、一部の先進的企業にとどまる動きではなく、コミュニケーションインフラに関する本質的な変化であることを、まずは強調したかったためだ。

チャットがこれだけ急速に普及したのは、メールや電話といった既存のコミュニケーションツールにはない長所がチャットにはあるからだ。そしてLINEユーザーの4割は会社員。「チャットのメリットを業務にも活かそう」と考えるのは当然の流れだろう。

今後さらにチャットを利用する企業が増えていくことは、火を見るより明らかなのだ。

スペシャルトピックスPR

necaspire
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます