ニュース

いよいよ始まる“アマゾンのIoT”―― AWS IoTの主要機能とは

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.10.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

アマゾンデータサービスジャパンは2015年10月16日、国内のメディア・アナリスト向けに、米ラスベガスで10月6日から9日に行われた「AWS re:Invent 2015」の事後説明会を開催した。re:Invent 2015では、BIクラウドサービスの「AWS QuickSight」、IoT(Internet of Things)プラットフォームの「AWS IoT」をはじめ、データベースやセキュリティなど多岐にわたるサービスが発表されており、そのうちユーザーの関心が高い特徴的な新サービスについて、ストラテジックソリューション部・部長の大谷晋平氏が国内でのリリース時期なども含めて説明した。ここでは、中でも注目度の高いAWS IoTについて、これを構成するコンポーネントとそれぞれの役割についてレポートする。



ストラテジックソリューション部・部長の大谷晋平氏


AWS IoTは、デバイスとのコネクティビティやネットワークの管理、セキュリティ、データベースとの連携、アプリケーションの開発環境など、IoTを実現するために必要な機能を提供するものだ。AWSの既存サービスなどのクラウドとデバイスを接続し、データ解析やメッセージ送信等を行う機能のほか、デバイス側で動作するアプリケーションを開発するための「Device SDK」も提供する。AWS IoTの利用料は従量課金となり、大谷氏によれば、「デバイスとやり取りするメッセージ数に応じて課金される」仕組みで、「非常に低料金で利用できる」という。




「AWS IoT」の主要コンポーネント


上の図で示す通り、AWS IoTは複数のコンポーネントで構成される。それぞれの役割は次のとおりだ。なお、大谷氏によれば、これらのコンポーネントを制御するための「AWS IoT API」も提供される。

「メッセージブローカー」は、デバイスと通信を行うもので、プロトコルについてはMQTTとHTTP1.1をサポートする。クラウド側のバックエンドがMQTTをサポートしていなくても、デバイス側の対応は不要だ。

「デバイスシャドウ」は、膨大な数のデバイスとクラウドをつなぐIoTの特性を考慮した機能だ。IoTでは、電池切れや通信遮断等により、デバイスがネットワークに接続できない状況が起こり得る。そこで、デバイスのステータス情報を管理し、接続が遮断されている間もアプリケーション側からデバイスのステータスを参照できるようにしたり、アプリケーション側から送られるメッセージをストックしたりする。

「ルールエンジン」を備えているのもAWS IoTの大きな特徴で、デバイスから送られてくるメッセージを変換し、DynamoDBやS3、Lambda、Kinesis StreamといったAWSの各種サービス、外部サービスと連携する。

「Device SDK」は、各種のデバイス向けのクライアントライブラリで、暗号化されたAWS IoTのメッセージブローカーとの通信機能を提供する。デバイスの特定にはX509証明書あるいはAmazon Cognitoを利用。セキュアな通信が行える。




IoT Starter Kitの一覧


また、アマゾンは、デバイスメーカーとの協業によりスターターキットも発表した。上写真のように10社のメーカーから「IoT Starter Kit」が提供されており、「モジュールを組み込むだけでAWS IoTが使える」(大谷氏)。今後、他のメーカーにも協業を広げる計画という。

スペシャルトピックスPR

tcloud
ntttx1901
hitachi1901

>> 関連記事

記事はありません。

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
iot25

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます