企業ネットワーク最前線

NTTドコモのM2M/ビッグデータへの取り組み「気象データを防災に生かせ!」

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2013.03.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは、携帯電話網を基盤とする環境センサーネットワークから得られたビッグデータを防災に役立てる新ビジネスをスタートした。アジア航測との協業により、新市場の創出を目指す。

ゲリラ豪雨から住民を守れないか――。そんな思いが込められたM2Mサービスが、2012年11月に登場した。名称は「防災テレメータサービス」、提供しているのはNTTドコモだ。

暮らしに危険をもたらすのはゲリラ豪雨だけではない。日本国土は台風や地震、津波とともにあるといっても過言ではない。雨量や風向・風速がリアルタイムで、しかも町や村といった小さいエリアでキャッチできれば、自治体も住民も災害への備えを整えることができる。

これを実現しようと立ち上げられた防災テレメータサービスのファーストユーザーは、愛知県知多郡武豊町だ。自治体に加え、社会インフラを運営している鉄道会社や電力会社なども注目するこのサービスの基盤となっているのが、ドコモが運用する環境センサーネットワークである。

これは、ドコモの携帯電話基地局に設置した環境センサーで計測する温度や湿度、降水量、風向・風速、雷、花粉などの気象データを蓄積し、人々に役立つ情報に加工して提供するもの。環境センサーネットワークがリアルタイムに収集している気象観測データは、ビッグデータそのものである。そのネットワークを実現しているコアテクノロジーがM2Mだ。命の安全にかかわるサービスにM2Mを活用するサービス、その発端は4年前にさかのぼる。

「イノベーションを起こせ!」

「イノベーションを起こす事業を考えてほしい」

08年7月に設置されたフロンティアサービス部に配属され、通信事業推進担当部長に就いた坪谷寿一氏に対し、ドコモの山田社長(当時)はこう指示した。

「パブリックに寄与するサービスを考えてみよう」。坪谷氏はそう決めた。教育、医療、環境――、一口にパブリックな領域といっても様々ある。坪谷氏は、環境を可視化すること、そして低炭素社会に寄与するサイクルづくりに寄与することにターゲットを絞った。前者を実現する仕組みが環境センサーネットワークであり、後者の例として各地の自治体と組んで自転車をシェアリングする事業がスタートしている。


図表1 環境センサーネットワークの仕組み
環境センサーネットワークの仕組み


では、環境を可視化するためにドコモはどう動いたのか。それは、自社の強みを生かすことだった。環境を可視化する基盤が内部にあった。携帯電話用の基地局である。基地局の設置個所は6万にのぼり、これに環境センサーを取り付ければビジネスの骨格が出来上がる。

気象データを利用するためには、環境センサーが収集したデータを送信し集約するシステムが必要となるが、それは全国をカバーする同社の携帯電話網を活用すれば容易に行える。同社は環境センサーの設置を進め、現在、約4000カ所に環境センサーを設置している。


図表2 基地局に取り付けられた環境センサー
基地局に取り付けられた環境センサー


観測対象とする環境データは温度や湿度、降水量といくつか種類があり、センサーや気象観測装置もそれぞれ専用のものが用いられる。気象庁が運用するアメダスの観測所は約1300カ所。ドコモが環境センサーを配備した4000カ所のうち、気象観測装置を設置しているのは2500カ所ほどでアメダスを上回る。

ドコモは、アメダスが観測所を置いている場所を外して環境センサーを設置した。両者の気象データを足し合わせることによってエリア単位で精度の高い気象データを入手することを可能としたのだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1902
paloalto1902
cdn1902

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】常識を覆す「新しいワークスタイル」の出現
働き方改革のNEW POWER

◆「ABW」という新しい働き方 ◆IoTで働き方を見守る ◆旅先で働くワーケーション ◆MaaSで働き方改革 ◆NTT東が分身ロボを使う理由

●[インタビュー] HPE Aruba 田中泰光氏「IoT時代へインフラの抜本改革」/●自営5G向け28GHz帯の「割当方針案」/
●ビジネスメール詐欺を防ぐには?/●多数の5G基地局を光ファイバー1本で収容 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺など、メールセキュリティを送受信の双方で強化

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

アクセスランキング

tcb
iot26

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます