キーパーソンが語る

「Amazon S3と同等のストレージシステムは一般企業でも実現できる」――クラウディアン太田社長インタビュー

構成◎太田智晴(編集部) 2013.02.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ニフティやNTT Comのクラウドサービスにも採用されている「Cloudian」は、Amazon S3と同等のストレージシステムを構築できる製品だ。バックアップ用ストレージを経済的に実現できるソリューションとして、一般企業からも注目を集めている。クラウディアン社の太田社長に聞いた。


――企業システムのクラウド化が進展していますが、サーバーやストレージなどのコンピューティングリソースをネットワーク越しに利用するIaaSについても、だいぶ利用が本格化してきました。


太田 インフラ層をサービスとして提供するIaaSは、基本的にアマゾンが作り上げた世界ですが、ものすごい勢いで伸びています。例えば先日、アマゾンのクラウドストレージサービス「Amazon S3(Simple Storage Service)」に保存されているオブジェクトの数が1兆3000億個を超えたことが明らかにされました。まだ日本では本格利用が始まったばかりともいえますが、米国ではすでにビジネスとして成立することが証明されています。

――ストレージをクラウドサービスとして提供する事業者は日本にもたくさんいますが、アマゾンやグーグルなどと何か違いはあるのですか。

太田 日本のサービスは、100GB単位でしか利用できなかったり、アマゾンと比べて1ケタ以上も料金が高かったりというのが一般的です。これは、顧客ごとに専用ストレージ装置を用意して割り当てており、その設備投資を回収せざるを得ないためです。「クラウド」と称しているものの、実は分散コンピューティングなどクラウド特有の技術は使っていないケースが多く存在します。

アマゾン、グーグル、マイクロソフトといった米国の代表的なクラウド事業者は、クラウドのインフラ層、ストレージを月額従量課金のサービスとして提供していますが、その技術は自社開発しています。アマゾンと同様のサービスを提供したいが、「そのための技術はどうしたらいいのか?」というのが多くの日本の事業者の課題でした。

――クラウディアン社のソフトウェア製品「Cloudian」は、この課題を解決するものですね。Amazon S3と同等のサービスを実現できるということですが、簡単に説明していただけますか。

太田 Cloudianは、数PB(ペタバイト)といった膨大なデータを経済的に保存可能なストレージシステムを構築できるソフトウェア製品です。Cloudianでは、数十万円程度の安価な汎用サーバーを複数台並べて、それらの記憶用ディスクを仮想的に統合します。そして、多数の利用者が1つのストレージシステムとして同時に利用できます。

また、Amazon S3のインターフェース、S3 APIに完全準拠しているのもCloudianの非常に大きな特徴です。Cloudianを採用するクラウド事業者は、Amazon S3と同等のサービスを提供できるのです。

Amazon S3と同水準のGB(ギガバイト)当たり月額10円前後の従量制料金で提供している日本の代表的なサービスとしては、ニフティの「ニフティクラウドストレージ」とNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング クラウド・エヌ」が挙げられますが、この2社ともCloudianを採用しています。やっと本物のクラウドが日本にも登場し始めたといえるでしょう。


クラウディアン 代表取締役CEO 太田洋氏
クラウディアン 代表取締役CEO 太田洋氏

アマゾンやグーグルの経済性をオンプレミスでも

――Cloudianは、クラウド事業者がAmazon S3のようなサービスを提供するためのソフトウェア製品というわけですね。

太田 答えは、「はい」と「いいえ」の両方です。Cloudianは、Amazon S3に完全に準拠しているだけではなく、サービス提供に必要な統計、課金、管理等の機能もパッケージ化されています。このためクラウド事業者は、短期間でAmazon S3と同等のサービスを提供開始できます。

しかし、Cloudianはクラウド事業者専用の製品というわけではありません。最近、企業のストレージシステムにCloudianを利用したいという引き合いが増えています。Cloudianは、数十万円程度の汎用的なサーバー2~3台の規模から利用できます。つまり、利用者を限定する企業内専用(プライベート)のクラウドや企業構内のオンプレミスのストレージシステムとして利用できる実用性も兼ね備えています。

―― 一般的に企業の情報システムでは、NASやSANといった専用のストレージ装置が使われています。普通の企業がCloudianでストレージシステムを構築するメリットはどういう点にあるのでしょうか。

太田 一番のメリットは経済性です。一般的に専用のストレージ装置は、容量が一杯になると上位機種に買い換え、データを移し替える必要があります。企業のデータ増加のペースは年率50%とも言われていますが、このため企業は将来を見越して数千万円クラスの高価な大容量装置に先行投資し、データで一杯になるとリプレースするというサイクルを繰り返してきました。

一方、Cloudianで構築したストレージシステムは、装置全体を買い換えるのではなく、新たなサーバーを追加するだけで、システム全体の容量を拡張することができます。また、仮にあるサーバーが故障したら、それを取り換えるだけで済みます。何千台ともいわれるサーバーを運用するグーグルでは、サーバー故障対応で深夜に技術者が呼び出されるといったことはありません。翌朝に出社して取り換えるだけですが、Cloudianも同じです。

つまり、Cloudianで構築したストレージシステムを利用すれば、大幅に設備調達コストや運用保守コストを削減できるのです。このことは、アマゾンやグーグルが月額10円前後の料金でサービス提供できていることから見ても明らかでしょう。

クラウドが今後いっそう発展していくことは間違いありませんが、すべてがクラウドに移行するわけではありません。「パブリッククラウドにデータを預けるのは不安だから、自社で運用したい」という企業のニーズはなくならないからです。実際には、パブリックとプライベートを使い分けるハイブリッドクラウドのほうが多くなると見ていますが、Cloudianなら高い経済性を持ったストレージシステムをプライベートで実現できます。

また、CloudianはS3 APIに準拠していますから、同じくS3 API準拠のAmazon S3やニフティクラウドストレージ、Bizホスティング クラウド・エヌなどのパブリッククラウドとの併用も簡単に行えます。

 

著者プロフィール

太田洋(おおた・ひろし)氏

クラウディアン・グループの創立者。Jフォン/ボーダフォン・ジャパン在籍時には、世界初の写真付きメールサービス「写メール」や、世界初のロケーションベースドサービスである「J-Skyステーション」および「J-ナビ・サービス」を開発するなど、モバイル業界にいくつもの「業界初」を導入してきた。

スペシャルトピックスPR

nttcomonline2104
citrix2104
nisshoele2104

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】シン・ネットワーク
    コンバージェンス

<Part1>5G FMCは2023年始動へ <Part2>IP・光融合に好機到来 <Part3>ホームNWと企業は融合する <Part4>DXへ企業・キャリア融合 <Part5>5GCをコアにスマート工場

インタビュージュニパーネットワークス 古屋知弘社長「5G時代はマルチベンダー AI自動運用をレベル4以上へ」 【ソリューション特集】通信で変わる未来の建設現場 【技術&トレンド】オープン化でSONiCが選ばれる理由 【ビジネス最前線】JTOWERの「本気度」 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

日立国際電気ローカル5Gに無線・映像のDNA!
エッジで映像処理するAIカメラ

日立国際電気がローカル5Gの構築から保守運用までサポート!

NTTコミュニケーションズ高品質ローカル5GでDXを強力支援
運用、データ活用もワンストップ!

NTTコミュニケーションズのローカル5Gソリューションの特徴とは?

OKIローカル5GとAIエッジがDXに導く
OKIの技術力/パートナーをフル活用

ローカル5Gの導入から運用、マイグレーションまで全方位で支援する。

ローカル5Gを牽引する純国産検証機
スマート工場に特化し低価格を実現

エイビットのSA構成を採用した日本初の4.7GHz帯ローカル5G検証機

マイクロフォーカスキャリアの運用現場を知り尽くした
マイクロフォーカスが語る現状と未来

5G時代、大きな変化を迫られる通信事業者。課題をどう解決すべきか?

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

アンリツローカル5Gのサービス品質を支えるアンリツの測定器

シミュレータやエリアスキャナをコアにローカル5Gに必要な製品を用意

SerivceNow5G/IoT時代、通信キャリアに必要な新たなサービス提供とは?

新たなサービス創出に必要なモデルとは何だろうか。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます