企業ネットワーク最前線

[シリーズ]ICTを活用して風土改革に挑む! <第3回>

【TIS】社内SNS発! 現場主導の会社改革

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2011.04.06

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

左からTISの藤原士朗、五味久恵、
平井一徹の各氏

シリーズ第3回で紹介するのは、社内SNSの導入によって会社改革を成し遂げたTIS。ボトムアップで情報共有を進め、社員のエネルギーを顕在化させる場を生み出した。

情報共有を進めたら社員が元気になった会社がある――。システムインテグレーター大手のTISだ。

社員を元気にしたのは同社が運用している社内SNS「TIS Communication Portal」(以下、TCポータル)である。ただし、そもそもの狙いは「組織風土を変えることではなかった」とTCポータルの創設にかかわり、現在は社内ベンチャーのSonicGardenで企業に社内SNS「SKIP」を提案している藤原士朗主任は話す。

 

TISのTCポータルのマイページ画面
TCポータルのマイページ画面。TIS内部の情報共有ツールとして誕生したこの社内SNSは、ソーシャルウェア「SKIP」として商品化。社内の停滞感を払拭したい企業向けに外販もされている

n対nのナレッジ共有へ

TISが社内SNSの導入を決めたのは5年ほど前。「社員がもつノウハウをデータベースに集めて検索できるようにしたい」と、常務執行役員の会田雄一技術本部長兼CIOが、部下の倉貫義人・現SonicGardenカンパニー長に切り出したのがきっかけだった。当時の会田本部長のミッションは新技術を社内に広めることだ。新しい技術・製品に関する知識と活用経験を豊富にもつ有識者のナレッジやノウハウを個人のものにとどめず、会社全体の資産にするため、データベース化を考えたのである。

組織が大きくなるほど、互いの顔は見えにくくなるものだが、TISもその例に漏れない。会田本部長が入社した1978年当時、約500人だった社員数は現在では約3200人。入社したての頃は、ある技術に関する情報を入手したいと思ったら、誰に聞けばいいかがすぐに分かったという。しかし、組織が大きくなるにつれ、部門間には壁が生まれ、隣の部門のことすら見えなくなる。当然そうした環境では自分に有益な情報をもっている人を見つけることは難しい。

こうした課題を解消すべく、IT企業の多くは先進技術の情報を収集・整理し、社員に伝達するための部門を設けている。TISでもブログやWiki、コンテンツマネジメントシステムなど、「これは」という技術を積極的に採用しながら、最新技術情報を社員に提供しようと挑戦してきた。だが、担当する技術本部のスタッフの数が限られていることもあり、継続的かつタイムリーにレポートする仕組みは、なかなか構築し切れなかったという。ナレッジやノウハウのデータベースを構築したいと考えた会田本部長には「今度こそ」という思いがあっただろう。

これに対し、倉貫カンパニー長は、データベースの構築前に「まず社員が自由に意見を発信できる場をつくろう」と提案した。

従来の情報共有は、技術本部から社員へ一方通行で伝える1対nだった。だが、優れたノウハウをもっているのは現場にいる1人ひとりの社員。「現場の社員が横で素早く連携できるナレッジ共有を目指した」と、1対nではなくn対nによる情報共有を考えたと藤原主任は話す。そのために欠かせないのは、情報共有の場自体が魅力をもっていることだ。人が集まらなければ、人がもつノウハウも集まらないし、データベースも機能しない。「こんな技術知ってる?」「使ったことあるよ」と自由で気軽な雰囲気で会話する中で知りたいことを教え合う魅力的な場づくりがまずは大切という結論に倉貫カンパニー長は至ったのである。


「いい提案だ。その線でいこう」。会田本部長のゴーサインを受け、社内SNSのプロジェクトはスタートした。

 

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。