キーパーソンが語る

「ビデオとSMSとの連携がキーに」 ダイアロジックに聞いたモバイルサービスの新潮流

構成◎太田智晴(編集部) 2011.01.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

数多くの通信サービスの誕生を“裏方”として支えてきたダイアロジック。来日した同社幹部に、今後のモバイルサービスのトレンドについて聞いた。


――まずダイアロジックについて、簡単に紹介していただけますか。


ジム・マッチ 最近、我々は「Build on Dialogic」という新しいキャッチフレーズを作りました。「ダイアロジック製品の上で、何か新しいソリューションを作ってください」という意味ですが、この言葉が示すように、我々は通信事業者などが通信ソリューションを展開するにあたって必要となる開発ツールなどを提供している会社です。クルマでいえばエンジンを提供する会社といえるでしょう。

ダイアロジック製品は、IVRやリングバックトーン、FAXサーバーなど、世界中の通信ソリューションで使われており、携帯電話の加入者数でいうとダイアロジック製品を利用しているユーザーの数は2億加入に上ります。また、月間15億分の通話が我々の製品の上で行われています。

――ダイアロジックでは今後、どのような分野に注力していく考えですか。

ジム・マッチ これから成長するであろうマーケットは大きく3つあると考えています。モバイルインターネット、クラウドコンピューティング、VoIPです。我々は非常に多岐にわたる顧客を持っていますが、その顧客ベースに対して、この3つの成長市場に関するソリューションを提供していくというのがダイアロジックの戦略の1つとなります。

モバイルインターネットについては、特にモバイルビデオのマーケットが成長しています。その大きな要因として挙げられるのは、処理性能が高く、スクリーンサイズも大きいスマートフォンの普及です。さらにLTEなどインフラ整備の進展も、モバイルビデオ市場の成長に寄与するでしょう。こうしたトレンドのなか、単にビデオコンテンツをモバイルで閲覧するというだけでなく、さまざまなモバイルアプリケーションにビデオを搭載する動きも同時に活発化していくだろうと見ています。

クラウドに関しては、通信事業者も積極的に展開していますから、我々もしっかりクラウドに取り組んでいくということですね。3つめのVoIPについては、最近ではPBXの90%以上がIP化するなど、どんどんピュアIPの世界に近づいています。ダイアロジックはメディアゲートウェイやメディアサーバー、SBC(Session Border Controller)といったIPネットワークをつなぐための製品を持っていますので、VoIPがコモディティ化すればするほど、我々のビジネスも広がっていきます。

 

ダイアロジック
(左から)バイスプレジデント(アジアパシフィック担当)のエーモン・カーン氏、シニアバイスプレジデント(マーケティング担当)のジム・マッチ氏、エグゼクティブバイスプレジデント(ワールドワイドフィールドオペレーションズ担当)のケビン・クック氏

モバイルビデオサービスの代表例

――モバイルビデオを活用したアプリケーションやサービスの例には、どんなものがありますか。

ジム・マッチ 基本的なサービスの1つとしては、IVR(Interactive Voice Response:自動音声応答)にビデオの機能が付いたIVVR(Interactive Voice and Video Response)があります。それから、リングバックトーンにビデオを載せたり、オンラインゲームにおいてビデオで一斉同報できるコミュニケーション機能を付けたり、ビデオ広告を流したり……。アップルのApp Storeに代表されるように、以前なら通信事業者だけが提供できたようなサービスが、今ではもっとユーザーに近いところで開発できるようになっていますから、他にもいろいろなアイデアが登場してくるはずです。

――IVVRのコンセプトはかなり以前からありますが、実際の導入例も増えてきているのですか。また、ビデオ広告の実例もすでにあるようなら教えてください。

ケビン・クック IVVRは特に南米や欧州で増えてきています。業種別でいうと、やはり銀行が採用するケースが多いですね。とりわけIVVRはディスプレイの大きいスマートフォンに適していますから、今後ますます普及してくるでしょう。

ビデオ広告については、例えば韓国でテレビ電話と組み合わせたサービスが提供されています。テレビ電話の料金は高額ですが、その中にビデオ広告を挿入することによって、ユーザーはテレビ電話を安くかけられるのです。

 

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます