企業ネットワーク最前線

ワイヤレス工場の切り札誕生! 製造現場IoT化のボトルネック解消

文◎松本一郎(編集部) 2019.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

無線によるIoT化を試みる工場が増えている。しかし、無線の導入にはいくつもの課題がある。それらを一挙に解決する可能性を秘めた、無線プラットフォーム「SRF」の策定が進んでいる。

既存設備を極力変えないでは、SRF無線プラットフォームは今後どのように実用化されていくのだろうか。

FFPAはSRF無線プラットフォームの技術仕様の策定と標準化を行い、それに基づいて無線機器ベンダーが製造した製品を認証する。

「既存製品を極力使って、コストが高くならないようにする」(丸橋氏)ことで普及を目指すという。「例えば、無線LANコントローラーにSRFのソフトウェアをダウンロードすると、APもSRFに対応する」(佐藤氏)。

ただ、すべての無線機器がSRF無線プラットフォームに対応するわけではない。FFPAに参加しているNECや富士通といった国内ベンダーは対応機器を出していく可能性が高いが、海外ベンダーの動向は不明だ。

そのため、同じ工場内でSRF無線プラットフォームに対応している無線機器と、非対応の無線機器が混在することも当然考えられる。そこで、SRFセンサーが非対応側の電波状況をモニタリングして、Field Managerにそのデータを伝達することで、互いの干渉を防ぐ仕組みも用意する。

SRF無線の性能SRFを導入すると、どれくらい無線が効率化されるのか。FFPAでは図表4の通り性能指標の目標を掲げている。

 

図表4 SRF無線プラットフォームが目標とする性能指標
図表4 SRF無線プラットフォームが目標とする性能指標


まず、システムの信頼性を高めるため最高100ミリ秒という低遅延を目指し、パケットロスもなくす。センサー設置密度も3倍まで高め、システムのキャパシティを拡大させる。

システムの安定性と保守性も高める。Field Managerから、帯域の使用率などのデータを生産管理ソフトなどに連携して無線通信を可視化し、IT管理者が不在の製造現場でも、無線環境を管理できるようになるイメージだという。

今後、FFPAは2019年中旬にSRF無線プラットフォームの標準化を完了し、年内には認証プログラムも開始する予定だ。

複数の無線規格を協調制御するという視点は、今までありそうでなかった。FFPAが新しく挑戦する理由は「無線が混在してから対策を打つのは非常に困難。工場向け無線の市場が立ち上がり始めた今が最適」(丸橋氏)だからだ。

また、丸橋氏は「ITシステムは3~5年も経つと古いと思われるが、工場のシステムは20~30年のスパンで稼働することも多い。我々も同じ目線で動かなければならない」と話す。工場における無線自体が黎明期ということもあり、SRF無線プラットフォームが製造現場に普及するのはまだ先のことだろう。

しかし、30年後には無線がIoTのボトルネックになる工場はなくなり、ヒトやモノがスムーズに流れるスマートな工場が日本に普及しているかもしれない。

スペシャルトピックスPR

ハカルプラス
kccs1904
nttdata1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
ローカル5G徹底ガイド
<Part 1>ローカル5Gがやってくる――5G/LTEを自営できる新制度
<Part 2>ローカル5Gの「使い途」――多様な業種に広がるユースケース
<Part 3>ローカル5Gを導入する――ベンダー各社から製品・サービスが登場

●[インタビュー] 総務省 サイバーセキュリティ統括官  竹内芳明氏「IoTセキュリティに新技術基準」/●DX時代を支える光伝送システム/●サイバー保険は日本企業にピッタリ/●ドローン「目視外飛行」の早期実現へ/●中小企業のセキュリティ5か条
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます