企業ネットワーク最前線

先端シェアオフィスのICT活用法――三井不動産の「WORKSTYLING」

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.12.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

サテライトオフィスなど、働く場を“社外”に整備する動きが広がっている。安全かつ快適に働ける環境を実現するには、どんな仕掛けが有効なのか。三井不動産が展開するシェアオフィスのICT活用法を紹介しよう。

テレビ会議で遠隔面接も最後に、ICT活用でもう1つ注目されるのがテレビ会議だ。ワークスタイリングは、様々な企業や個人が出会ってイノベーションを生み出す場として機能する一方、離れた拠点や利用者の本拠等の外部とつながるための仕組みも充実させている。

すべての拠点に1台、シスコシステムズのテレビ会議端末を設置。これをIIJグローバルソリューションズのクラウド型会議サービス「COLLABO de!World」で接続している。「オンプレミス型の会議サーバーを持たなくて済み、拠点の増加に対応しやすい」(田口氏)ことが選定の理由だ。

ワークスタイリングの各拠点にはシスコシステムズのテレビ会議端末を設置している(写真は八重洲)
ワークスタイリングの各拠点にはシスコシステムズの
テレビ会議端末を設置している(写真は八重洲)



当初はワークスタイリングの拠点同士でテレビ会議を行うことを想定していたが、同氏によれば「本社とつなぎたいという要望も多い」。COLLABO de!Worldにはマルチベンダー間接続機能があるため、「本社側はSkype for Businessを使って会議をするケースが多い」という。

このテレビ会議はユニークな使われ方もしている。

大阪に本社を構えるある企業は、東京で社員を募集するにあたって応募者を都内のワークスタイリングに呼び、テレビ会議で遠隔面接を行った。他にも、人事面談を行うケースがあるという。高品質なテレビ会議を自社で導入・運用するには高いコストがかかるが、ワークスタイリングを利用すれば、必要なとき必要な拠点で低コストに利用できる。その利点をうまく活かした使い方だ。

このように、ワークスタイリングにおけるICT活用法のポイントとしては、クラウドのを積極的な活用が挙げられる。“働く場”は今後ますます分散・拡張すると考えられるが、それを効率的に管理し、かつ利用者数やニーズの変化に対応するには、クラウドが有効な解決策となろう。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます