ビジネス・企業

ノキアがクルマ向け通信「C-V2X」の取り組みを紹介、「2020年から実装開始」

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ノキアは2018年10月30日、クルマ向けの通信規格である「セルラーV2X」の最新動向に関する記者説明会を開催した。自動車メーカーや通信事業者などで構成する「5GAA(5G Automotive Association)」の動向や、ノキア自身が手がける実証実験の成果などを紹介。2020年に予定されている車両への搭載に向けて、世界各地でトライアルが進んでいる。


セルラーV2X(C-V2X)とは、セルラー通信を使ってコネクテッドカーを実現するための技術を総称したものだ。車車間(V2V:Vehicle to Vehicle)、車両-道路インフラ間(V2I:Vehicle to Infrastructure)、車両-歩行者間(V2P:Vehicle to Pedestrian)などで通信を行うことを目的に、LTE技術をベースとして2017年に標準規格が策定された。


C-V2Xの概要


ノキアでCar2X 事業責任者を務め、5GAAのボードメンバーの1人でもあるウベ・プュッツラー(Uwe Puetzschler)氏によれば、「2020年までにこの技術を車両に実装する」ため、世界中でトライアルやPoCが進められているという。5GAAは「C-V2Xの標準化機関ではなく、C-V2Xを市場に導入すること」と同氏は話し、ユースケースの開拓やエコシステムの構築に注力していると強調した。また2020年には、LTEの次世代規格である第5世代移動通信システム「5G」の商用化も予定されているが、「5GもV2Xに適用する」計画だ。

C-V2Xの適用領域としては3つのターゲットが想定されているという。1つが「インフォテイメント」で、現在もカーナビゲーションシステムやITS等で実現されている情報/コンテンツ提供サービスが、さらに高度化されることが期待されている。

2つめは、交通の効率化だ。クルマとその周辺のモノ(歩行者や自転車、道路インフラ)が情報を交換することで、安全かつ効率的な移動を実現する。

そして最後が自動運転である。自動運転には主に、車両に搭載された各種センサーから得られる情報が使われるが、その範囲外の情報をC-V2Xによって得ることで自動運転の完成度を高めようとする取り組みも進んでいる。



ノキア Car2X 事業責任者 ウベ・プュッツラー氏(左)と、
ノキアソリューションズ&ネットワークス テクノロジー統括部長 柳橋達也氏


世界各地で進むトライアル
このC-V2Xには、2つのタイプの通信方式がある。近傍の車両同士が通信し合うような場合に用いられる「short range direct communications」(LTE-V2X PC5/5G-V2X PC5、以下「PC5」)と、複数のクルマが携帯電話基地局と広域な通信を行うための「Long range Cellular network communications」(LTE-V2X Uu)だ。

現在、近距離のPC5の領域では、5.8GHz帯のISMバンドを用いるDSRC(狭域通信)が主に使われているが、5GAAではこの近距離通信にもC-V2Xを適用すべく活動を進めているという。2018年前半にはワシントンとパリで自動車メーカーが参加したV2Vのデモも実施。下の図のように、PC5も含めた様々なC-V2Xのユースケースが検証された。



C-V2Xのユースケース


また、プュッツラー氏は、このほかにも多くのプロジェクトが各地で行われていることを紹介した。

ドイツでは、ノキアとコンチネンタル、Tモバイル等が、マルチアクセス エッジコンピューティング(MEC)技術を使った「Car2MEC Project」を実施。C-V2Xを使って車両に対して警告を伝えるほか、自動運転を支える技術の1つであるHD Map(3次元地図)の配信を行った。

また、イタリアとオーストラリア、ドイツを結ぶ幹線道路では、5G技術を用いてコネクテッドカーと自動運転車を実現しようとする「5G-CARMEN」と呼ぶプロジェクトも行われている。BMWやTモバイル、チップベンダーのクアルコムのほか、道路を運営する「ロードオペレーターも加わって進められている」点が特徴的だという。

スペシャルトピックスPR

al2004
sonet2004
sumi2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます