ニュース

メッシュネットワークでIoT市場を開拓する ―― Bluetooth SIGが新方針と成長予測を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.07.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Bluetooth Mesh対応デバイスの年間出荷台数は、2022年には5億台超に達する――。業界団体であるBluetooth SIGは2018年7月20日に記者説明会を開催し、1年前にリリースした新規格のBluetooth Meshによる新市場開拓の見通しについて発表した。スマートビルやスマートインダストリーの領域でユースケース開拓を進めるという。


Bluetooth SIGは、近距離無線通信規格の1つであるBluetoothの業界団体で、標準仕様の策定や製品認証などを行っている。シニア リージョナル マーケティングマネージャーのロリー・リー氏によれば、現在の加盟企業数は3万3793で、「世界中の企業がバランスよく参加しており、多様性も備えている」。APAC(アジア太平洋)、EMEA(欧州・中東・アフリカ)、南北アメリカの3地域でメンバー企業を分けるとほぼ3分の1ずつとなり、多様なコミュニティが形成されているという。なお、日本からは約1600社が加盟している。


Bluetooth SIG シニア リージョナル マーケティングマネージャーのロリー・リー氏(左)と、
デベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏


Bluetooth対応デバイスの数も堅調に伸びている。出荷台数は、2018年の1年間だけで39億台にも達する見込みだ。説明会当日に公開した2018年版「Bluetooth市場動向レポート」によれば、2022年には年間出荷台数が52億台に達すると予測されている。2017年にリリースされた新規格「Bluetooth Mesh」と、その前年に登場した「Bluetooth 5」がこの成長を牽引するとリー氏は話した。

具体的には、これまでユースケースの主流を占めていたオーディオデバイスやPC周辺機器、ウェアラブルデバイス等のコンシューマ向けデバイスに加えて、屋内位置情報サービスやトラッキング、そして工場やビル設備等の制御・監視システムなどの新たなユースケースを開拓することで成長を促すという。



デバイス間で相互接続しメッシュネットワークを構築できる「Bluetooth Mesh」。
その年間出荷台数は、2022年には5億台を超えると予測されている


こうしたIoT用途での活用が特に期待されるのが、メッシュ型ネットワークの構築を可能にするBluetooth Meshだ。先述のレポートでは、2022年の年間出荷台数は5億2000万台にも達すると予測している。

 


メッシュネットワークの「入口はスマート照明」
Bluetooth Meshを「革命的なもの」と話すのは、デベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏だ。「Bluetoothで初めて『多対多』のトポロジーを可能にした」ことで、従来のBluetooth(1対1、または1対多)がカバーできなかった領域で新たなビジネスを創出できるようになったと述べた。


Bluetooth規格の進化に応じて、新たなソリューションが可能になるとレン氏は話した。
特にメッシュ型トポロジーを可能にしたBluetooth Meshによる変化は「革命的」という


その例として同氏が挙げたのが、「スマートビルディング」「スマートホーム」「スマートインダストリー」「スマートシティ」だ。ビル設備の状態監視や自動制御、位置情報確認、ホームオートメーションといったユースケースが可能になるという。

スペシャルトピックスPR

intel1906
extreme1906
nttcom1906sp

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます