企業ネットワーク最前線

スシローのAWS活用を支えるネットワークとは?――Direct Connect+KDDI WVSでさらなる進化

文◎太田智晴(編集部) 2015.04.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

AWSの先進ユーザーとしても著名な日本最大級の回転すしチェーン、あきんどスシロー。クラウドのパフォーマンスは、ネットワークの品質にも大きく左右されるが、あきんどスシローが選んだのは、AWS Direct ConnectとKDDI WVSの組み合わせだった。

AWSと本社・店舗をつなぐネットワークが直面した2つの課題

このようにAWSをITインフラとして全面的に採用しているあきんどスシローだが、本社や各店舗とAWSをつなぐネットワークはどうなっているのだろうか。言うまでもなく、クラウドはネットワーク越しにITインフラを活用するもの。ネットワークのパフォーマンスや安定性が、きわめて重要になる。

あきんどスシローでは最初、AWSとインターネットVPNで接続していた。

同社は本社や各店舗をつなぐ拠点間ネットワークを、KDDIのイントラネットサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch(WVS)」で構築している。各店舗のデータは、WVSを介して本社にいったん集まり、それから本社に設置されたVPNルーター経由でAWSに送られるという仕組みだった。

このため、情報システム部 担当課長の坂口豊氏によれば、次の課題があったという。

「本社に障害が起こると、本社だけではなく、すべての店舗でAWSと通信できなくなるという状況でした。当時は、電源設備の点検のための停電があると、AWSが全拠点から利用できないという状況になっていました」(坂口氏)。本社が“単一障害点”となっていたのである。

 

あきんどスシロー 情報システム部 担当課長 坂口豊氏
あきんどスシロー 情報システム部 担当課長 坂口豊氏



また、AWSとの通信すべてが本社に集中することもあり、ネットワークのパフォーマンス面にも課題を感じていたという。実際、40億件のデータによる検証時、AWSへのデータ転送には2日間を要しており、将来ネットワークがボトルネックになることは当初から予見されていた。

そこで2013年5月の本社移転を機に、あきんどスシローはインターネットVPNからAWS Direct Connectへ切り替えた。

 

あきんどスシローの新本社ビル
あきんどスシローの新本社ビル



AWS Direct Connectとは、インターネットを経由せずに、AWSと閉域網で接続できるサービスだ。ベストエフォートのインターネットとは違い、安定的なパフォーマンスを実現できること。そして、閉域網ならではのセキュリティの高さなどが、AWS Direct Connectのメリットである。

AWSの東京リージョンの場合、AWS Direct Connectにより閉域接続するための相互接続ポイントは、データセンター事業者であるエクイニクスの東京第2データセンター(TY2)に用意されており、このTY2からAWSに接続している。

AWS Direct Connectを利用するには、TY2にラックスペースを確保し、TY2と各拠点をつなぐ回線を引き込む必要があるが、ユーザー自身でこうした作業を行うのは大変だ。そこでAWS Direct Connectユーザーのほとんどは、通信事業者などが提供するサービスを活用している。

あきんどスシローの場合もそうだ。WVSとTY2間、そしてTY2からAWS間の接続を、KDDIがワンストップで提供している。

図表 あきんどスシローのネットワーク構成イメージ
あきんどスシローのネットワーク構成イメージ

 

以前からWVSを使っていた同社にとって、AWS Direct ConnectについてもKDDIのサービスを採用するのは自然な流れと言えるが、選定時には他社からの提案も受けた。そのうえでKDDIを選択した理由の1つは、そのサポート力にあったという。

「KDDIはWANだけではなく、各店舗のルーターなど構内までワンストップでサポートしてくれています。また、『まだADSLの店舗のアクセス回線を短期間に光ファイバーに切り替えたい』とお願いしたことがあったのですが、このときも我々の厳しい要望にKDDIは真摯に対応してくれました」(田中氏)

AWSとつなぐネットワークを、AWS Direct Connect+WVSに切り替えたことで、各店舗は本社を介さずにWVSから直接AWSに接続できるようになった。このため、本社に障害が万一発生しても、店舗に影響が及ぶことはない。なお、AWS Direct Connectに障害が起こった場合は、インターネットVPNに迂回する設定になっている。

また、もう1つの課題であったネットワークパフォーマンスについても、本社にトラフィックが集中していたインターネットVPN時代と比べ、「高速になりました」と坂口氏は評価する。

田中氏は、クラウドを活用する一番のメリットは「スピードです」と語る。オンプレミスと違って、クラウドではハードウェアの運用保守やサイジングなどの手間が不要だ。このため情報システム部は「ITの側面から業務をどう改善していくか」に集中できる。それゆえ、スピード感をもって、ITによる業務改革を進められるのだ。

また、クラウドなら様々なチャレンジが低コストで行える。加えてあきんどスシローの場合、ネットワークをKDDIに任せ、さらに運用負荷を軽減しているのもポイントとなっている。

あきんどスシローの情報システム部のメンバーはわずか5名。AWSとこれを支えるネットワークを武器に、少数精鋭による先進IT活用はさらに進化していく。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
zoho1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます