企業ネットワーク最前線

【ピーエス三菱】なぜ経営層はクラウド型PBXとiPhoneの全社導入に“ゴーサイン”を出したのか?

文◎百瀬崇(ライター) 2014.10.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

プレストレストコンクリート工法という独自技術を強みとし、土木工事や建築工事などを請け負うピーエス三菱。全社員にiPhoneを貸与するとともに、全国10拠点すべてのPBXをクラウド化し、業務効率を向上。さらに6年間で600万円のコスト削減やBCP対策の強化も実現した。

全社員にiPhoneを貸与して業務効率を向上

経営層の了承を得た情報システム部が最初に取り組んだのは、KDDI 仮想PBXサービスに紐付く内線端末ともなるiPhoneを、全グループ社員に貸与することだった。各部門に1台ずつ固定電話機を残し、それ以外はすべてiPhoneに置き換えた。

iPhone導入に先立っては、Web会議システムやテレビ会議システムを活用し、各拠点のキーマンとなる社員向けのセミナーを開いた。

「iPhoneの操作方法だけではなく、利用するうえでのモラル教育も行いました。スマートフォンを使って撮影した不適切な写真をSNSにアップして問題になるといった不祥事が、様々な企業で発生していたからです」。管理本部 情報システム部 グループリーダーの吉川充洋氏はこう話す。同社は今年3月から段階的にiPhoneの貸与を開始し、10月1日にはグループ全体で1500台のiPhone導入を完了させた。

 

ピーエス三菱
iPhoneの有効活用を促進するために、イントラネット上にはクラウド型PBX用に開発したiPhoneアプリの使い方を紹介するページなども用意



もちろんiPhoneは内線電話端末として活躍するだけではない。iPhoneを使って外出先から社内ネットワークにアクセスできるため、どこにいてもメールをチェックしたり、スケジュールを確認することなどが可能になり、業務効率の向上につながっているという。

KDDI 仮想PBXサービスの展開も順調に進んでいる。既設のPBXとの併用期間を経て、ピーエス三菱では現在、KDDI 仮想PBXサービスだけの運用に切り替わった。グループ全体のPBXのクラウド化も年内には完了する予定だ。これによりピーエス三菱グループの電話システムは、全面刷新されることになる。

 

6年間で600万円以上のコスト削減効果

新システムの導入によって得られた効果は3つある。

1つは機器の調達・管理コストの削減。クラウド型のPBXを利用し、固定電話機などもKDDIからのレンタルとすることで、固定資産の保有と維持管理にかかる費用が不要となった。

2つめは運用・保守関連コストの削減。電話番号管理や人事異動時の移設工事、拠点ごとの保守を一元管理することで費用を削減できる。

この2つのコスト削減効果は、6年間で600万円になると試算しているという。

「しかも、この試算額には、管理部門の業務軽減などの効果は含んでいません。ですから実際には、もっと多くのコスト削減を達成できるはずです」(佐藤氏)

3つめの導入効果は、災害時などのBCP対策の強化だ。主要なICT機器をKDDIのデータセンターに預けることで、より強固な電話システムを実現できた。

ちなみに、ピーエス三菱では、各事業所で1年に1回は計画停電を行っている。従来、その時間帯は電話を使うことができず、業務に支障が出ることもあったが、KDDI 仮想PBXサービスを導入した現在は、24時間365日いつでも電話をかけられるようになり、安心して業務を進められるようになったという。

 

iPhoneの電話機能を向上させるアプリなどを自社開発

ピーエス三菱では、自社独自のiPhoneアプリも開発している。例えば、着信転送や050 IP番号発信などの機能を備えたアプリを作り、iPhoneの内線電話端末としての機能を高めている。

 

ピーエス三菱 ピーエス三菱
ピーエス三菱がiPhone用に開発した電話関連アプリ その1つである「アドレス帳検索」アプリの画面



工事業務においては、作業現場で数百枚の写真撮影を行い、これらを時系列に整理。図面などと一緒に「竣工図書」としてまとめる必要があるが、そのためのアプリも開発した。従来はデジタルカメラで撮影した画像をオフィスに戻ってからPCにコピーし、写真台帳に貼り付けるという作業を行っていた。しかし現在は、iPhoneと自社開発したアプリを使うことで、こうした作業を自動化できるようになった。

災害時の安否確認用のアプリもある。「BCP対策の一環として、アプリを使って災害時の安否確認を行えるようにしています。全社的には震度6弱を基準にアプリが発動するようにしていますが、東北地区だけは震度4に基準を下げるなど、柔軟な対応が取れるようにしています」と管理本部 情報システム部 主任の丹羽謙太郎氏は説明する。今後は、GPS機能を使って災害時に避難経路を誘導するようなアプリの開発も検討していくという。

KDDI 仮想PBXサービスの導入と全グループ社員へのiPhoneの配布によって、いくつもの課題を解決したピーエス三菱――。コスト削減の目途もついた今後、さらなる自社アプリの開発など、クラウド型PBXやiPhoneを有効活用していくための取り組みは一段と加速していくことだろう。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます