導入・選定ガイド

BYOD管理の“新本命”「MAM」と「MCM」とは?【中編】

BYODを検討中なら知っておくべき「MAM(モバイルアプリ管理)」の基礎知識

文◎太田智晴(編集部) 2013.06.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

BYOD時代のスマートデバイス管理の“本命”として急浮上しているMAMとMCM。効率的な管理によりスマートデバイスの導入、とりわけBYODを成功させたいなら、MAMやMCMはベストの選択肢だ。中編ではこのうち、MAM(モバイルアプリケーション管理)ソリューションについて基礎から解説する。


スマートデバイス管理の“新本命”として、急速に注目が集まるMAM(モバイルアプリケーション管理)とMCM(モバイルコンテンツ管理)。特にBYODにおいては、プライバシーの問題から私物端末へのMDM(モバイルデバイス管理)の適用が難しいため、MAMやMCMが中核的役割を担っていくと見られる。MAMとMCMがBYODの本格普及を牽引するのだ。今回の中編では、このうちMAMについて具体的に紹介していこう。(前編<BYODソリューションに異変アリ――「私物端末にMDMは必要ない!」>はこちら


スマートデバイス管理で利用されるソリューション
野村総合研究所(NRI)の藤吉栄二氏によるスマートデバイス管理で利用されるソリューションの整理。アプリケーション単位での認証とデータ保護、そしてアプリ配布を担うのがMAMといえる

2タイプに分類できるMAMソリューション

デバイス全体を保護するのではなく、業務アプリケーションとそのデータを適切に管理するのがMAMの役割だが、その種類は大きく2つに分類できる。1つは「ラッピング」や「モバイルアプリコンテナ」と呼ばれる技術を用いたアプローチだ。

ラッピング(Wrapping)とは、アプリケーション自体にアクセス権限やデータ保護設定などを施す技術のこと。企業のセキュリティポリシーで包む(ラッピングする)ことから、そう呼ばれている。モバイルアプリコンテナの「コンテナ」も同様の意味だ。業務アプリケーションとそのデータを、セキュリティポリシーを適用したうえでプライベートなデータとは隔離して格納することから、「コンテナ」という表現が用いられている。また、モバイルアプリコンテナという言葉は、ラッピングした複数の業務アプリケーションを格納する業務専用領域というニュアンスで使われることも多い。


モバイルアプリコンテナの概念図
モバイルアプリコンテナの概念図。このように、業務アプリケーションとそのデータをコンテナ内に分離、各種ポリシーを適用することで保護する(4月16日に開催されたシトリックス・システムズ・ジャパンの記者説明会より[関連記事])

モバイルアプリコンテナの5つの主要な特徴

ガートナーのソン・チャン氏は、モバイルアプリコンテナの主要な特徴として次の5つを挙げている。

1.認証
2.暗号化
3.データ漏洩防止
4.選択的なデータ・ワイプ
5.アプリケーション・レベルのVPN


「認証」とは、IDやパスコード(パスワード)などによる認証によって業務アプリケーションへのアクセスを制限することだ。デバイス自体にパスコードが設定されていない私物端末が盗難・紛失に遭った場合でも、業務アプリケーション自身で認証を行うため、企業情報を守ることができる。また、「暗号化」により、無理やりデータを盗み見ることも困難だ。

「データ漏洩防止」とは、コンテナ外にある他のアプリケーションへのコピー&ペーストの防止などのこと。例えばメールやEvernoteなどのコンシューマアプリケーションにペーストすることなどを禁止できる。

「選択的なデータ・ワイプ」は、業務アプリケーションとそのデータだけを遠隔消去(リモートワイプ)する機能のことだ。プライベートな情報も含んだデバイス内の全データではなく、業務に関連したデータだけを選択してワイプする。

最後の「アプリケーション・レベルのVPN」は、アプリケーション単位で社内ネットワークなどにVPN接続する機能のことだ。デバイス自体にVPN接続の権限を与えるのではなく、特定の業務アプリケーションからのみVPN接続できるように制限できる。

スペシャルトピックスPR

attokyo2001
yamaha2001
soltec2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます