<特集>ローカル5G超入門 「基本」から「一歩先」までこれだけは知っておきたい!ローカル5Gの基礎知識 (1)ローカル5Gとは?

「ローカル5Gに大きな注目が集まっているが、実はよく理解できていない」。そんな悩みを抱えるビジネスパーソン向けに、今さら聞けない初歩から必須用語、導入方法までを解説する。今回は「ローカル5Gって何?」「パブリック5Gとの違い」「ローカル5Gで何ができる?」「Wi-Fiではダメなの?」の4つの疑問に答える。

1.ローカル5Gって何?移動通信はほぼ10年毎に大きな進化を遂げてきた。日本では2020年春から商用サービスが始まった5Gは、その名の通り、5世代目の移動通信システムである。超高速、超低遅延、多数同時接続の3つの点で大幅に進化するが、制度面でも重要な変化が起きた。モバイルキャリア以外へ門戸を広く開くローカル5G制度が創設されたのだ。

ローカル5Gとは、企業・自治体などがスポット的に構築する5Gネットワークのことだ。総務省は2019年12月、様々な主体が5Gを自ら構築できるように、ローカル5G制度を開始した。ローカル5G用の周波数が確保され、免許申請することで、ローカル5Gを構築できる。ほとんどの企業・自治体は、自らの建物や敷地内にプライベートネットワークを構築しているが、従来の有線LANやWi-Fiなどに加えて、5Gも新たに利用可能になったのである。

海外では「プライベート5G」という言い方も

ローカル5G制度が作られた背景には、産業や地域の課題解決にあたって、5Gはきわめて大切な役割を果たすという期待がある。

スマートファクトリーを実現したいとしよう。スマートシティでもいい。その検討を行うなかで、来たるデジタル社会の「神経網」によくたとえられる5Gが必要ということが分かった。

こうした際、モバイルキャリアに依存せず、5Gを自ら構築・運用・所有した方がいいケースも多いはずだ。なにせ、大事な神経網なのだから。

「ローカル5G」という言い方は日本独特のものだが、同様の制度はドイツ、米国、英国、台湾など海外にもある。グローバルでは「プライベート5G」という呼び方をするほうが一般的だ。

日本でローカル5Gと名付けられたのは、地域の課題解決が重要な政策目標となっているからだ。岸田政権の「デジタル田園都市国家構想」においても、ローカル5Gの活用は主要な施策の1つに位置付けられている。

図表 ローカル5Gの利用シーン例

図表 ローカル5Gの利用シーン例

月刊テレコミュニケーション2022年2月号から一部再編集のうえ転載
(記事の内容は雑誌掲載当時のもので、現在では異なる場合があります)

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。