ソフトバンクとサイボウズが中小企業のiPhone活用推進で提携

ソフトバンクモバイルとサイボウズは4月22日、中小企業の生産性向上を目的として業務提携すると発表した。

第一弾として、サイボウズの中小企業向けSaaSサービス「かんたんSaaS」のすべてのアプリケーションをiPhoneなどのタッチデバイス対応にする。

サイボウズによると、iPhone などのタッチデバイスからの情報の閲覧と投稿に最適化したテンプレートを「かんたんSaaS」に実装することで、IT以外の分野で多くのノウハウを持つパートナーが個別にタッチデバイスへの対応を意識することなく、タッチデバイスに最適化した商品を提供することができるという。

日本の中小企業は、グループウェアなどの導入率が低く、大企業と比べてIT化の遅れが指摘されている。「PCの前に座っている時間がほとんどない社員が多い」「そもそもキーボードに慣れていない」など、中小企業特有の問題が存在することから、キーボードを使わず直感的な操作が可能で、外出先でも利用できるスマートフォンのビジネス利用を促進していく。

かんたんSaaSは、業種特化型のアプリケーションを数多く揃え、月額利用料が1ユーザー当たり500円からと安価に利用できるのが特徴。今年中に100種類以上のITツールをラインナップする。

サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏(左)とソフトバンクモバイル執行役員法人事業推進本部長の安川新一郎氏

サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏は「数年後には、iPhoneは中小企業の人が便利に使うものと言われるようになるだろう」と語った。

同社ではソフトバンクモバイルの販売店と協力してiPhoneの法人向け販売を促進するとともに、今後3カ月間で1万社以上の中小企業に活用方法などの提案を行っていくという。

ソフトバンクモバイル執行役員法人事業推進本部長の安川新一郎氏も、「もう1回、携帯電話を法人に一気に導入する大きな節目となる」と意気込みを見せた。

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。