クオリカ、グローバルで利用可能な防水防塵IoT端末を4月から販売

ITホールディングスグループのクオリカは3月28日、産業機械の稼働状況データを収集できる防水防塵対応の新型情報収集端末「CQ13-SG-01」を4月から販売すると発表した。

新型情報端末CQ13-SG-01は、LAN、CAN、RS-485などの多様なインターフェイスに対応するとともに、端末はIP65相当の防水防塵性能を有する。使用温度は-20~+70℃、DC 10~30Vの幅広い動作電圧に対応。また、耐衝撃性および耐振動性の有するなど、産業機械の様々な環境に適合するという。

国内外で利用できるよう、グローバルSIMを採用し、EU向けの認証CEや米国向けの認証FCCは取得済み。

販売価格はオープン、本体の外形寸法は155×74×41mm、重量は610g。販売ルートは車両メーカー、工作機械メーカー、プラントなど。販売計画は初年度3000台を見込んでいる。

新型情報収集端末「CQ13-SG-01」
遠隔監視・予防保全システム「CareQube」全体図。事前にCareQubeの利用契約と初期設定を行っておけば、新型情報収集端末はCareQubeサーバへ自動的に接続する

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。