ACCESSがスマートグリッド市場に参入――第1弾としてスマートメーター向けIPv6対応センサー

ACCESSは2010年4月20日、スマートグリッド(次世代送電網)市場に参入すると発表した。第1弾として、スマートメーター向けにIPv6対応のセンサーネットワークソリューション「NetFront Smart Objects」を6月から国内外のエネルギーインフラ業界に提供する。

NetFront Smart Objectsは、センサーネットワークにおいてIPv6の利用を可能とする6LoWPAN (IPv6 over Low-Power Wireless Personal Area Networks) 技術を採用。

また、センサーネットワーク上でメッシュトポロジーのルーティング制御を行うRoll(Routing Over Low power and Lossy networks)準拠のプロトコルにも順次対応していく。

さらに、家庭の電力消費量を可視化する米グーグルのサービス「Google PowerMeter」のAPIもサポートする予定とのことだ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。