KDDIが首都直下地震に備え、LTE対応の大ゾーン基地局を導入

KDDIは2014年3月5日、LTE対応の「災害用大ゾーン基地局」を首都圏に設置し、運用を開始したと発表した。KDDIによれば、LTEに対応した災害用大ゾーン基地局の導入は国内初。

KDDI新宿ビルに設置された災害用大ゾーン基地局
KDDI新宿ビルに設置された災害用大ゾーン基地局(アンテナと無線伝送路設備)

災害用大ゾーン基地局は、半径約7km以上のエリアをカバーできる基地局。首都直下地震への対策として、首都圏に全10局を導入した。広範囲をカバーできるだけではなく、耐震構造の建物や鉄塔に設置しているほか、長時間稼動のバッテリーや複数の伝送路を配備。大規模災害時でも稼動できるよう、信頼性を高めているという。

LTE対応の災害用大ゾーン基地局の概要

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。