2013年上半期の国内ネットワーク機器市場は好調、モバイルキャリアと無線LANが牽引

IDC Japanは2014年1月6日、国内ネットワーク機器市場の2013年上半期実績を発表した。ルーター市場は前年同期を下回ったものの、イーサネットスイッチ市場は移動体通信事業者のモバイルバックホール向けや企業のデータセンター向け需要が堅調で前年同期比9.0%の高い成長率を記録した。無線LAN機器市場も好調だった。モバイルトラフィックのオフロードを目的にした公衆無線LAN向けの需要は減少したが、一般企業向け需要が伸びて12.4%増となった。

ベンダーの動きとしては、ルーター市場ではアルカテル・ルーセント、イーサネットスイッチ市場では日立金属、無線LAN機器市場ではシスコシステムズがシェアを拡大したとIDC Japanは指摘している。

また、IDC Japanでは、2012~2017年の国内ネットワーク機器市場の年間平均成長率について、ルーター市場は0.5%、イーサネットスイッチ市場は0.4%、企業無線LAN市場は6.0%と予測。同社リサーチマネージャーの草野賢一氏は、「今後、無線LAN環境にどの程度密接に連携し、無線LAN機能をどのような形で統合するかが、企業向けルーターやイーサネットスイッチベンダーの製品戦略の大きな柱になる」とコメントしている。

国内ネットワーク機器市場 製品別 エンドユーザー売上額実績、2008年上半期~2013年上半期
国内ネットワーク機器市場

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。