国内スマホ加入者は2014年に6277万人、その後は成長率が徐々に鈍化

IDC Japanは2013年10月15日、国内のスマートフォン加入者数に関する予測を発表した。これによると、国内のスマートフォン加入者数は2013年に5105万人、2014年には前年比23.0%増の6277万人まで拡大するという。

また、2014年におけるOS別の加入者数シェアは、Androidが1.9ポイント減の60.7%、iOSが1.8ポイント増の39.2%になる見通し。NTTドコモも加えて大手3社が揃って販売するiPhone 5s/5cが、iOSのシェア増加に貢献するという。BlackBerryやWindows Phoneなど、その他のモバイルOS勢は、合わせても1.0%未満という厳しい状況が続く。

急成長が続いてきたスマートフォン需要だが、2015年以降は成長率は徐々に鈍化していく。スマートフォン需要の中心が、新規加入から既存ユーザーの買い替えに大きくシフトし、さらに法人と高齢者ではフィーチャーフォンへのニーズが根強く残る可能性があるためだという。IDC Japanでは、2017年のスマートフォン加入者数を7401万人と予測している。

国内スマートフォン加入者数予測: 2012年~2017年
国内スマートフォン加入者数予測: 2012年~2017年

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。