鹿児島のデータセンター事業者がNECのOpenFlowベースSDNを採用

NECは2013年10月7日、OpenFlowを活用したSDN製品「UNIVERGE PFシリーズ」の導入事例を明らかにした。鹿児島県鹿児島市に本社を置く南日本情報処理センター(MIC)が、データセンターのネットワーク基盤としてUNIVERGE PFシリーズを導入した。

データセンター事業者であるMICが今回採用したのは、NEC製のOpenFlow対応コントローラ「UNIVERGE PF6800」やOpenFlow対応スイッチ「UNIVERGE PF5240」など。これらにより仮想ネットワークを構成し、クラウドサービスに適用する。新規ユーザーへの短期間でのサービス開始など、運用性や可用性、拡張性の向上を図るという。

また今後、ファイアウォールなどの機器のリソースをプール化して共同利用するセキュリティサービスの提供なども計画しているとのこと。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。