ACCESS、OpenFlow対応のSDN向けスイッチ「AEROZ」シリーズを発売

ACCESSは2013年8月8日、OpenFlowとL2/L3に対応したTop of Rackスイッチ「AEROZ」シリーズを発表した。9月下旬から出荷を開始する。

OpenFlowと従来型ネットワークの両方をサポートするAEROZについて、ACCESSは「柔軟で、経済的なネットワーク仮想化への移行を支援する」と説明する。まずは通常のL2/L3スイッチとして既存ネットワークに導入した後、ホップ・バイ・ホップ方式のSDN(Software Defined Networking)に発展させていくことができる。また、ACCESSのSDNソリューション「ACCESS SDN Solutions」のSDNコントローラとの組み合わせにより、エッジ・オーバーレイ方式のSDNも構築できる。さらに今後、VXLANなどにも対応していく予定だ。

AEROZは、10GbEを48ポート搭載。SAF(Service Availability Forum)準拠の耐久性も備え、データセンターや通信事業者の要求に応えるという。

「AEROZ」のイメージ写真
「AEROZ」のイメージ写真

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。