ミャンマー中央銀行のクラウド環境を大和総研、富士通、KDDIが構築

大和総研、富士通、KDDIの3社は2012年12月25日、ミャンマー中央銀行のクラウド型コンピュータ環境を構築したと発表した。同コンピュータ環境は、プライベートクラウド基盤とセキュリティ対策済みのデスクトップサービスで構成されている。ミャンマー中央銀行ではこれまで煩雑な業務の多くを手作業で行ってきたが、同コンピュータ環境の導入により、業務効率化やセキュリティ向上を図る。

各社の役割だが、大和総研がクラウド基盤や端末環境の設計・構築、富士通がサーバーや端末、手のひら静脈認証システムの提供・構築、KDDIが行内ネットワークの設計・構築を担当した。オフィスフロアでは無線LANも利用している。

導入システムのイメージ
導入システムのイメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。