2012年3Qの国内携帯出荷台数は1104万台、スマホ比率が70%超え

IDC Japanは2012年12月19日、2012年第3四半期における国内の携帯電話/スマートフォン市場規模を発表した。

これによると、7~9月の出荷台数は前年同期比6.0%増の1104万台だった。2四半期ぶりに1000万台超のプラス成長になったという。スマートフォンが順調なことに加えて、らくらくホンなどスマートフォン以外も堅調だったことが要因。スマートフォンの出荷比率については72.1%に上昇した。前四半期のスマートフォン比率は60%台。

携帯電話のベンダー別シェアは、富士通が2四半期ぶりに首位に立った。また、スマートフォンのベンダー別台数シェアは、iPhone 5を投入したアップルが4四半期連続でトップとなっている。

携帯電話/スマートフォン ベンダー別シェア

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。