ドコモ、韓国RSUPPORT社に出資

NTTドコモは2012年12月11日、韓国のRSUPPORT(アールサポート)社への出資を発表した。第三者割当増資により約10.9億円を出資する。出資比率は約19%。

ドコモでは、これまでからアールサポートが開発した遠隔コントロールソフトを活用し、コールセンターのオペレーターが遠隔で顧客のスマートフォンの設定・操作のサポートを行う「スマートフォンあんしん遠隔サポート」を提供してきた。

今回の出資でさらにパートナーシップを深めると共に、遠隔コントロールソフトを利用した新サービスの開発や、海外キャリアへの拡販などで協力していく。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。