国内企業の10%で通信隠蔽ソフト「Tor」を確認、パロアルトが注意喚起

パロアルトネットワークスは2012年10月25日、国内220の企業・組織を対象に調査を実施したところ、その10%にあたる22の企業・組織で通信隠蔽ソフト「Tor」が使用されていることを確認したと明らかにした。

Tor(The Onion Router)は、通信ルートを秘匿するためのアプリケーション。最近、話題を集めた犯行予告事件の誤認逮捕においても、真犯人はTorを利用して他者になりすました可能性が高いといわれている。

パロアルトネットワークスは企業のIT管理者に対して、プロキシやURLフィルタリングのログをチェックし、Torのダウンロードサイト「www.torproject.org」がないかどうかをチェックするなどの対応策を推奨している。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。