トップベンダーに聞いた!WAN高速化装置にいま注目すべき3つの理由[後編]――実は困っていないのは本社だけ!?

ビジネスを取り巻く環境が激しく変化するなか、企業に最も求められているのが「スピード」だ。ところが、経営スピードの向上を支える基盤であるWANは、様々な課題に直面している。WANの高速化がますます必要になっている理由を、WAN高速化装置のトップベンダーであるリバーベッドテクノロジーに聞いた。

日本国内では、まだ欧米ほどにはWAN高速化装置が普及していない。その説明によく用いられるのが日本のブロードバンド事情の良さだ。しかし、「WANが広帯域であれば、WAN越しのアプリケーションを高速に利用できる」というのは“誤解”であることを前編では解説した。

WAN高速化装置が導入されていないWANのパフォーマンスは、導入済みのWANと比べて数分の1~100分の1に過ぎない。

ファイルサーバー上のPowerPointを開くのに数十秒待たされていたのが数秒に短縮された。遅すぎて使い物にならなかったWebアプリケーションがサクサク動くようになった。ディザスターリカバリー目的のバックアップに丸1日かかっていたのが1時間で完了するようになった……。

ビジネスのあらゆる局面でいまスピードが求められているが、WAN高速化装置はそこに劇的な変化をもたらす可能性がある。

とはいえ、現状はまだ「WAN高速化装置を導入するほど、WANのパフォーマンスに課題を抱えていない」と考えているIT部門の担当者が少なくないようだ。しかし、それは本当だろうか。

犠牲にされる地方・海外拠点の生産性

リバーベッドの寺前氏がユーザー企業と話していて、よく感じるのは次のことだという。

「IT製品の採用を決める方はたいてい本社に勤務している。だから、地方拠点にいる従業員が困っていることに気付かれていないケースが実は少なくない」

多くの企業はデータセンターを本社近くに置いているが、WAN越しのアプリケーションのパフォーマンスは遅延時間=通信相手までの距離に大きく依存する。つまり、WANの遅さに困っていないのは、データセンターから近い場所にいる本社従業員だけかもしれないのだ。

「地方支社に出張したとき、たまたまデータセンターにアクセスしてみたら『ファイル1個開くのに1分以上かかって驚いた』といった話はよく耳にする」(寺前氏)。日本企業の海外進出が再加速しているが、海外拠点の場合、事態はさらに深刻だ。

WANが原因で地方や海外にいる従業員の生産性が低下しているのに「我慢すればいい」という対応で、IT部門は自身の役割を果たしているといえるのか――。これが、WAN高速化装置に注目しなければならない2つめの理由だ。

図表1 WAN高速化装置で距離の壁を越えた体感速度を実現
WAN高速化装置で距離の壁を越えた体感速度を実現
リバーベッドは、PCにソフトウェアをインストールすることでオフィス外でもWAN高速化の効果を享受できる「Steelhead Mobile」(Windows/Mac対応)も用意している。出張中や小規模な海外拠点向けとして利用されるケースが多いという
(出典:リバーベッドテクノロジー)

各拠点の遅延時間はPingを使って簡単に調べられるが、リバーベッドではSteelheadの評価機を無償で貸し出し、どれくらいパフォーマンスが向上するかを可視化するサービスも提供している。

>>この記事の読者におすすめのコンテンツ
リバーベッドテクノロジー 企業成長の鍵を握るブランチオフィスに潜むIT課題を排除する!~最小限のコストで 最大限の成果を生み出すテクノロジー~

(提供:リバーベッドテクノロジー)

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。