ドコモ、緊急速報や位置測定に対応した新FOMAモジュール

NTTドコモは2012年10月1日、FOMA対応の通信モジュール「FOMA UM03-KO」を発表した。2012年度第4四半期に発売する予定。

FOMA UM03-KOの特徴は、従来のパケット通信/音声通話に加えて、新たに緊急速報「エリアメール」に対応する点。緊急地震速報、津波警報、災害避難情報の3つすべてを受信でき、例えば同モジュールを組み込んだ電光掲示板に注意喚起メッセージを表示したり、受信時に組み込み機器の動作停止などのコントロールを行うことが可能だという。

また、ドコモの通信モジュールとしては初めて「位置測定機能」にも対応。本モジュールとあわせて開発中のGPSボード(別売)と組み合わせることで、トラックやバス、建設機械などの位置情報を確認できるようになる。

さらに、最大通信速度は下り7.2Mbps、上り5.7Mbpsに高速化。アプリケーション実行環境も新たに搭載する。サイズは約36.5×49.1×3.6mm、質量は約11g。

FOMA UM03-KO
FOMA UM03-KO

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。