路上センサーが1分毎に情報収集~NEC、新東名高速に交通管制システムを納入

NECは2012年9月20日、中日本高速道路(NEXCO中日本)に、今年4月に開通した新東名高速道路向け交通管制システムを納入したと発表した。同システムでは、路上に設置されたセンサーが収集した大量データ(ビッグデータ)を高速処理することで、リアルタイムな交通情報の提供を実現しているという。

今回NECが納入したシステムでは、従来比約5倍のおよそ1分ごとに路上センサー情報を収集し、リアルタイムな交通情報を生成している。また、全744カ所ある路側のアクセスポイントとセンサー/非常電話を接続するアクセスネットワークについては、これまでのメタル回線から光回線に変更しIP化した。

さらに、アクセスネットワーク間をつなぐローカルネットワークにはEthernetリングプロトコルを採用し、光ファイバー断などの障害発生時にも約0.5秒以内にネットワークを切り替えられるという。

新東名高速道路の道路管制センター
新東名高速道路の道路管制センター。路上センサーが収集したリアルタイム情報などが大型画面に表示される

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。