LGがクアッドコアLTEスマホ「Optimus G」の説明会

LGエレクトロニクスは、NTTドコモから秋モデルとして発売される新スマートフォン「Optimus G」の記者発表会を開いた。クアルコムのクアッドコアCPUを世界初搭載するOptimus Gは「世界中のメディアから絶賛の声を頂いている」という。

LGエレクトロニクスは2012年9月18日、NTTドコモから秋モデルとして発売されるLTE対応スマートフォン「Optimus G L-01E」に関する記者説明会を開催した。

LGエレクトロニクスの「Optimus G L-01E」
LGエレクトロニクス製のLTE対応スマートフォン「Optimus G L-01E」

LGエレクトロニクス・ジャパン モバイルコミュニケーションセールス&マーケティング統括部長の首藤晃氏はOptimus Gについて、「世界中のメディアから絶賛の声を頂いている」と紹介したが、その大きな理由となっているのが、クアルコムの1.5GHzクアッドコアCPU「Snapdragon S4 Pro」の世界初搭載だ。

「性能という面のみならず、低消費電力という点においても非常にエキサイティングである」とクアルコムジャパン 代表取締役社長のクリフォード・フィッキ氏は話した。また、Optimus Gは2100mAhの大容量バッテリー搭載も特徴となっている。

Qスライド機能やQメモ機能などの独自ユーザーインターフェースについても強くアピールされた。Qスライド機能は、LG独自のビデオプレイヤーで動画を再生中に、ホーム画面やWeb検索、メール作成などの別機能・別アプリの操作を同時にできるというもの。動画を半透明でオーバーレイ表示することで、動画を見ながら同時に別操作を行うことを可能にしている。

Qスライド機能
Qスライド機能を使って、ホーム画面と動画を同時に表示。動画の濃度は画面右上のスライダーで調整できる

また、Qメモ機能は、手書きメモを表示したまま、電話をかけたりWeb検索などが行えるというもの。こちらも、手書きメモをオーバーレイ表示することで実現している。

このほか、防水やワンセグ、NOTTV、おサイフケータイなどの日本向け機能にも対応。「スマートフォンのフラッグシップモデルとして直球ど真ん中。市場では“なんとか5”が話題になっているが、ぜひ一度、Optimus Gも手に取っていただきたい」と、ゲストとして登壇したNTTドコモ プロダクト部第四商品企画 担当部長の藤間良樹氏は語った。

発表会にはタレントの向井理さんと小島よしおさんも登場
発表会にはタレントの向井理さんと小島よしおさんも登場。(左から)クアルコムジャパン 代表取締役社長のクリフォード・フィッキ氏、LGエレクトロニクス・ジャパン 代表取締役社長の李揆弘(リ・ギュホン)氏、向井理さん、小島よしおさん、NTTドコモ プロダクト部第四商品企画 担当部長の藤間良樹氏

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。