KDDIがLTEを21日から開始「最強のスマホNWを実現できる」~来年には112.5Mbpsに

KDDIがiPhone 5の発売日である9月21日からLTEサービスの提供を2.1GHz帯で開始すると発表した。さらに秋には、800MHz帯と1.5GHz帯でもLTEをスタート。「“最強のスマホネットワーク”が実現できる」と同社の石川専務は語った。

KDDIは2012年9月14日、下り最大75Mbpsの高速データ通信が可能なLTEサービス「4G LTE」を、9月21日のiPhone 5の発売にあわせて開始すると発表した。

21日にスタートするのは、同社が都市部を中心に整備している2.1GHz帯を利用するもので、当面は多くの地域で最大通信速度は下り37.5Mbpsとなる。さらにこの秋には800MHz帯、1.5GHz帯でもLTEによる下り最大75Mbpsのサービスを開始。2013年3月末までに実人口カバー率約96%のエリアを構築するという。

2012年12月の予定を大幅に前倒しし、まず2.1GHz帯から運用を開始する
2012年12月の予定を大幅に前倒しし、まず2.1GHz帯から運用を開始する

説明を行ったKDDI 取締役執行役員専務の石川雄三氏は、「5GHz対応APの展開を開始したWi-FiなどとLTEを組み合わせることで“最強のスマホネットワーク”が実現できる」と強調した。

KDDIは今回、2013年にLTEの最大通信速度を112.5Mbspに向上させる計画も明らかにしたが、石川氏は「時期は言えないが150Mbps化も念頭においている」とし、2GHz帯を800MHz帯とともにLTEの「基幹バンド」として展開していく考えを示した。

2013年には112.5Mbpsへの増速が計画されている
2013年には112.5Mbpsへの増速が計画されている

また、KDDIのLTEサービスの特徴としては「eCSFB」も挙げられる。LTEでは、LTEエリア内で通話を行う際に3G回線への切り替えを行うが、KDDIは切替前に必要な処理を実行することで接続時間を半減させるeCSFBを導入し、使い勝手を向上させるという。

LTE向けの料金プランとしては、月額5985円のパケット通信量定額サービス「LTEフラット」が設定される。データ通信量が7GBまでを超過すると128kbpsに絞り込まれるが、2625円を追加で支払うとさらに2GBが通常速度で利用できる。

月額525円の付加料金を支払うことで、テザリングにも対応する。iPhone 5を含むLTE対応スマートフォンで利用可能だという。

テザリングが大きな売り物に
テザリングが大きな売り物に

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。