ベーシック、ユーザーの操作・行動に合わせてポリシーを自動切替できるMDM「B-Link MDM」

ベーシックは2012年9月10日、MDM(モバイルデバイス管理)製品「B-Link MDM」を発表した。

同製品は、ベーシックがこれまで提供していた「B-Link IPCC for Android」を発展させたもの。ユーザーの操作・行動に合わせて、ビジネスモードやプライベートモードなどの利用モードを自動適用できる点が特徴となっている。

例えば、社内ネットワークに接続中かどうかや指定した業務アプリを起動中かどうかなどによって、利用モードを自動切替。利用モードごとに定めたアプリケーションの起動可否などのポリシーを自動適用できる。ポリシーは、ホワイトリスト/ブラックリスト形式で管理する。

また、リモートワイプ/ロックなど、一般的なMDM機能も標準搭載。対応OSは、Android OS 2.3/3.0/3.1/3.2/4.0となっている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。