スマホ需要で国内レイヤー4-7スイッチ市場は急拡大、A10ネットワークスが初の2位に

IDC Japanは2012年9月6日、国内レイヤー4-7スイッチ市場動向を発表した。これによると2011年の市場規模は前年比17.1%増の237億9500万円となった。

好調の要因は、スマートフォンの普及拡大にともなうモバイルトラフィックの急増だ。モバイル向けにサービスを提供する事業者では、サーバー負荷分散やキャッシング、トラフィック最適化の需要が高まっており、レイヤー4-7スイッチ市場は大きく拡大した。

今後も同市場の成長は続き、IDC Japanでは2011~2016年の年間平均成長率(CAGR)を9.2%と予測している。

また、ベンダー別の動向については、F5ネットワークスが8年連続で首位となった。また、急伸中のA10ネットワークスは今回初めて売上額2位に躍り出ている。

国内レイヤー4-7スイッチ市場 エンドユーザー売上額予測
国内レイヤー4-7スイッチ市場 エンドユーザー売上額予測、2007年~2016年

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。