東急電鉄、全駅で公衆無線LANを整備へ

東急電鉄とイッツ・コミュニケーションズは2012年8月30日、田園都市線や東横線など東急線の全駅で公衆無線LANサービス用の通信設備を整備すると発表した。

これにより、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」、NTT東日本の「フレッツ・スポット」、KDDIの「au Wi-Fi SPOT」、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「Wi2 300」、ソフトバンクモバイルの「ソフトバンク Wi-Fiスポット」が東急線の駅改札内で利用可能になる。

まず9月から田園都市線の全駅で利用可能となり、2013年夏頃には東急線の全駅に展開する計画だという。

なお、こどもの国線(恩田駅、こどもの国駅)は対象となっていない。また、フレッツ・スポットについては、一部駅のみでのサービス提供になる。

公衆無線LANサービスの整備が完了した駅に貼られるステッカー
公衆無線LANサービスの整備が完了した駅に貼られるステッカー

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。