日立ソリューションズ、次世代ファイアウォール対応のログ解析製品

日立ソリューションズは2012年8月21日、ファイアウォールログ解析製品の最新版「FIREWALLstaff 01-07」を発表した。8月28日から販売を開始する。

最新版の特徴は、次世代ファイアウォールのアプリケーション制御機能に対応したこと。従来型ファイアウォールではポート番号を利用してアクセスの制御を行っており、例えばSkypeやSalesforce.com、Facebookといったアプリケーションの種類を認識できない。それに対して次世代ファイアウォールでは、こうしたアプリケーションの種類を識別したうえでアクセスを制御できる。

FIREWALLstaffの最新版では、次世代ファイアウォールがアプリケーションを制御した際のログを解析し、アプリケーションや接続元ごとに回数および通信量(利用帯域)などを集計・レポート可能。アプリケーションの利用状況を容易に把握できることから、不正アクセスの制御やセキュリティポリシーの見直しにつなげることができるという。

現在対応している次世代ファイアウォールは、パロアルトネットワークスのPAシリーズ、ジュニパーネットワークスのSRXシリーズ、デルソニックウォールのSonicWALLシリーズ、フォーティネットのFortiGateシリーズ。価格は1ライセンス63万~75万6000円(税込)で、ファイアウォール1台につき1ライセンスが必要になる。

FIREWALLstaffのレポートイメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。