国内スイッチ市場はキャリア向けと企業向けで明暗 ~IDC Japan調査

IDC Japanは2012年7月9日、国内イーサネットスイッチ市場予測を発表した。

これによると、2011年の通信事業者向け市場規模は、LTE用ネットワークの構築やスマートフォンの急増による設備強化を要因に、前年比11.9%増の452億8500万円と大幅成長を遂げた。

一方で企業向けは、同マイナス8.3%の1111億円4000万円となり、国内イーサネットスイッチ市場全体ではマイナス3.3%の1581億1200万円となった。

ベンダー別シェアについては、上位3ベンダーが売上額とシェアポイントを下げるなか、日立電線が通信事業者向けと企業向けの両方で売上とシェアポイントを伸ばしたという。

今後の年間平均成長率(2011~2016年)は、企業向けがマイナス1.4%、通信事業者向けがマイナス2.2%で、全体ではマイナス1.7%となる見通し。通信事業者向けでは、短期的には移動体通信事業者の投資、中長期的には固定系サービスの次世代化が鍵になるとのことだ。

国内イーサネットスイッチ市場 出荷ポート数/エンドユーザー売上額予測
国内イーサネットスイッチ市場 出荷ポート数/エンドユーザー売上額予測

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。