IIJとACCESS、OpenFlow/SDN開発の合弁会社を設立

インターネットイニシアティブ(IIJ)とACCESSは2012年4月5日付けで、SDN(Software Defined Network)を実現するソフトウェアの研究開発を行う合弁会社「株式会社ストラトスフィア」を設立した。

SDNとは、ネットワークを仮想化し、ソフトウェアによりネットワーク全体を動的に制御しようというコンセプトのこと。その実現技術の1つとして、OpenFlowがある。

ストラトスフィアでは、SDN関連の基盤ソフトウェアの開発を行い、データセンター事業者や通信事業者、大規模EC事業者などに販売していく考え。その第1弾として、OpenFlow技術をベースにしたコントローラを活用した仮想ネットワークの自動設定機能を実装したSDN IaaSのβ版を今春にリリースするという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。