2045年のハイパースケールDCの需要量は約4倍に IDC Japanが予測

IDC Japanは2024年5月16日、国内ハイパースケールデータセンター(DC)の需要量に関する分析結果を発表した。

これによると、2045年末時点におけるハイパースケールDCの需要量は、2023年における国内キャパシティの約4倍に達する可能性がある。

国内ハイパースケールデータセンター需要の長期トレンド: 2023年、2045年

国内ハイパースケールデータセンター需要の長期トレンド: 2023年、2045年

ハイパースケールDCとは、AWS、グーグル、マイクロソフトなどのメガクラウドサービス事業者が、クラウドサービスを提供するために利用する巨大なDCのことを指す。国内では、千葉県印西市などで増設が進められているが、これはクラウドサービス事業が急成長していることによるものだという。

これに加えて、AI機能をクラウドサービスで利用することが拡大しており、AIサーバーをハイパースケールDC内に配備する例が増えている。結果として、ハイパースケールDCに対する需要は増加しており、これに対応するためにDC事業者や不動産事業者が、建物と設備を建設して必要なDCキャパシティの供給量を増加させているとのこと。

ただし、2023年から2045年までの約20年という長い時間の間には、ITには予測できないような様々な技術変革やビジネスモデルの変化が生まれる可能性がある。IDC Japan Software & Services リサーチマネージャーの伊藤未明氏は、「長期トレンドの予測には、無視しえない程度の上振れリスクや下振れリスクが存在することに注意すべきである」と指摘している。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。