ルートレックがメッシュ型M2Mプラットフォームを年額120万円~、放射線量を測定する環境クラウドも

ルートレック・ネットワークスは2012年2月14日、メッシュネットワーク機能を搭載したM2Mプラットフォーム「ZeRo.mesh」(ゼロメッシュ)を発表した。中小自治体などをメインターゲットに、4月から提供を開始する。

ZeRo.meshは、自律分散型メッシュネットワーク機能を備えたWi-Fi子機と、M2Mサービスに必要なプラットフォーム機能をクラウドで提供するM2Mクラウドの大きく2つから構成されている。

同社独自開発のWi-Fi子機は、子機同士をアドホックにつないでいくことで、通信距離を最大500mまで延長可能。さらに、動的に経路を再構築できる機能を備えており、災害や通信障害などで通信が寸断されても、別の迂回路を確保できる。

また、M2Mクラウドは、マイクロソフトの「Windows Azure Platform」を活用。子機からのデータ収集や認証、データの送受信/蓄積、リモート制御などのプラットフォーム機能をクラウドで提供する。

ZeRo.meshの価格は、基本サービスが年額120万円~、Wi-Fi子機が1台9800円~(税別)。

また、ルートレック・ネットワークスでは併せて、放射線の持続的な測定が可能だという環境クラウド「ZeRo-G」を開発したとも発表した。ZeRo-Gの基本サービス料金は年額120万円~、ソーラー充電蓄電池と線量測定センサーを内蔵したZeRo-Gクライアントの価格は18万円~となっている。

環境クラウドZeRo-Gの表示画面例
環境クラウドZeRo-Gの表示画面例

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。