法人端末の仮想化率は2015年に約4割へ ~IDC Japanが国内クライアント仮想化市場予測

IDC Japanは2011年11月7日、国内クライアント仮想化市場予測を発表した。これによると、2011年の国内クライアント仮想化ソリューション市場は、前年比30.1%増の2463億円規模になる。また、2010~2015年の年間平均成長率は29.0%で推移し、2015年には6754億円まで拡大する見通しだ。

2011年の法人向けクライアント端末における仮想化率は16.5%だが、IDCによれば、BCPや在宅勤務などのワークスタイル変革のニーズの高まりから、2015年には仮想化率は38.4%に到達すると予想されるという。「先行き不透明な時代において、事業継続性/災害対策などを含めユーザー企業の考えるべき課題は山積し、企業戦略におけるITの役割がますます重要になる傾向にある。そのため企業に蓄積されたIT資産活用に仮想化技術を活用し、IT稼働率を向上させることが求められている」と同社シニアマーケットアナリストの渋谷寛氏は述べている。

国内法人向けクライアント仮想化市場 導入率予測

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。