SPECIAL TOPIC「A10 Connect 2022レポート」ゼロトラストの「現実問題」を解く 富士通、SCSK、A10が出した答えとは?

ゼロトラストへの移行を、あらゆる企業が強く迫られている。だが、いざ実際にゼロトラストを導入しようとなると、様々な「現実問題」が立ちはだかる。コストや移行の容易さも含めて、本当に現実的なゼロトラストの「選択肢」は何か? オンラインイベント「A10 Connect 2022」で、富士通、SCSK、A10ネットワークスの3社が答えを出した。

講演「いつでもどこでも快適なクラウド活用・リモートワーク! これからのネットワークやセキュリティに必要なこと」の中で、A10 Cloud Access Controllerについて解説するA10ネットワークス ビジネス開発本部 ソリューションアーキテクトの石塚健太郎氏

講演「いつでもどこでも快適なクラウド活用・リモートワーク!
これからのネットワークやセキュリティに必要なこと」に登壇する
A10ネットワークス ビジネス開発本部 ソリューションアーキテクトの石塚健太郎氏

「クラウドコンピューティングの未来」をテーマに開催された「A10 Connect 2022」。同イベントでは、安全で快適なクラウド利用やテレワークを支える企業ネットワークの未来についても多くのことが語られた。つまり、「ゼロトラストへの移行をどう実現していけばいいのか」についてである。

例えば、SCSKの佐々木凪氏/岩丸泰明氏、富士通の許昌平氏、A10ネットワークスの石塚健太郎氏による3講演で示されたのは、多くのIT部門が抱える次の悩みへの解答だ。

・SASE/ZTNAソリューションの各ベンダーによる違いは?

・SASEを導入したいがコストがネック SASEの導入費用を削減する方法はないのか?

・処理限界を迎えているプロキシなどのネットワーク機器への負荷を抜本的に軽減する方法は?

次ページで具体的に紹介していこう。

続きのページは、会員の方のみ閲覧していただけます。

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。