SPECIAL TOPICクラウドコストの30%が実は無駄? FinOpsでクラウド利用を最適化する「HCMX」

コスト削減と、ユーザー当たりの収益向上は常に通信業界の至上命題だ。さらに近年、クラウドサービスの利用が拡大する中で、全体像が把握できず、コストが肥大化していることも新たな課題となっている。こうした現状を解決する鍵が、「FinOps」と呼ばれるコンセプトだ。

テレコム業界にとって、いかにコストを削減し、一ユーザー当たりの収益を高めていくかは、今に始まった話ではなく常につきまとう課題であり続けてきた。この古くて新しい課題を解決する鍵の1つは、やはり「自動化」だろう。

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社(以下、マイクロフォーカス)営業本部本部長の和田馨氏によると、キャリアの現場ではいまだに「手作業」による処理が多々見られるという。「法人向けビジネスを例に挙げると、顧客を担当するフロントとお客様のやりとりはマニュアルインタラクションです。サービスを提案して採用された後のネットワーク接続や設定といったプロセスもすべてマニュアルであり、コストがかさんでいます」(和田氏)

マイクロフォーカス エンタープライズ営業本部本部長の和田馨氏

マイクロフォーカス 営業本部本部長の和田馨氏

続きのページは、会員の方のみ閲覧していただけます。

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。