ノキア製スマートフォン、マイクロソフトのユニファイドコミュニケーションに対応

米マイクロソフトとフィンランドのノキアは2010年5月5日(現地時間)、マイクロソフトのユニファイドコミュニケーションサーバー「Microsoft Office Communications Server 2007 R2」(OCS)に対応したクライアントソフト「Microsoft Office Communicator Mobile for Nokia」を発表した。同日からノキアのアプリケーションマーケット「Ovi Store」から無料でダウンロード可能になっている。

当初の対応端末はノキアのシンビアン搭載スマートフォン「Eシリーズ」の「Nokia E72」および「Nokia E52」で、提供されているのは英語版のみ。将来的にノキアは一部のスマートフォンへのプリインストールも計画しているという。

マイクロソフトとノキアは2009年8月に提携を発表しており、今回は初の具体的な成果となる。

Office Communicator Mobile for Nokiaを搭載したノキアのスマートフォン「E72」
Office Communicator Mobile for Nokiaを搭載したノキアのスマートフォン「E72」

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。