企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

中堅中小にコスパのいいSD-WAN クラウドも無料!自動でメッシュVPN構築

提供◎QNAP株式会社 2022.01.25

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

中堅中小企業ではいまだにリモートワーク実施率が低い。その原因の1つがVPN装置のひっ迫だ。QNAPのQHora-301Wは同社のSD-WANソリューションをサポートし、各拠点のWi-Fi 6ルーターとしても使えるSD-WAN装置で、高価なVPN装置を導入することなくフルメッシュのVPNを構築。SMB向けの柔軟なネットワークをお手軽に実現できる。


感染者の減少とともに、一度は終息が見えてきた新型コロナウイルス。しかし、変異株「オミクロン株」が出現し、一部地域では爆発的に感染が拡大するなど、依然として脅威が続いている状況だ。

感染拡大を防ぐためには今後もリモートワークの継続が望ましい。しかし東京商工会議所の調査によれば、コロナ禍においても、大企業と比べた中堅中小企業のリモートワーク実施率は低く、従業員規模が小さい企業ほどテレワークを実施していないという調査結果が出ている。

中堅中小企業のテレワークを妨げている要因は複数あるが、テクノロジー面ではなんといってもVPN装置のひっ迫が最大の課題だ。

IDC Japanが国内ネットワーク利用動向を調査した結果によると、約26%の企業が「トラフィックの増加」がリモートワークの妨げになっていると回答し、トラフィック増加のボトルネックとしてはVPN装置が一番の要因を占めていた。

「従来のネットワークアーキテクチャでは多くの人が、本社にあるVPN装置を経由して社内のサーバーやクラウドにアクセスする必要があります」とQNAP 営業部 プロダクトマーケティングマネージャーの原幸人氏はその背景を説明する。従業員がMicrosoft 365やZoomなどのクラウドサービスを利用したり、社内のファイルを利用するたびにVPN装置を経由する仕組みになるため、VPN装置のキャパシティが限界を超えるとネットワークがつながりにくくなり、生産性の低下につながっているのが現状だ。

「解決策の1つはエンタープライズ向けのVPN装置を購入してキャパシティを増強することですが、中堅中小企業にとってはあまり現実的な価格ではありません。そのため、今でもVPNのパフォーマンスを維持できるように出社を交代制にしている中堅中小企業の話はしばしば聞きます」と原氏は語る。

 

QNAP 営業部 プロダクトマーケティング マネージャー 原幸人氏
QNAP 営業部 プロダクトマーケティング マネージャー 原幸人氏

 

拠点間VPNを自動構築 ネットワーク品質を向上この課題を解決するのがQNAPの提供するSD-WANソリューション「QuWAN」である。QuWANは、中堅中小企業が本社のVPN装置に依存する仕組みから脱却し、次世代ネットワークに移行するための3つの要素を実現したソリューションだ。

1つめの要素は柔軟なネットワークが構築できること。QuWANには「Auto VPN Network」機能がある。これはQuWAN子機同士が連携し、自動でフルメッシュVPNを構築してくれる機能だ(図表1)。

 

図表1 メッシュネットワークのイメージ

図表1 メッシュネットワークのイメージ

 

従来型のVPNの仕組みでは、拠点内や、拠点間で完結する通信も本社のVPNを経由する必要があった。QuWANでは例えばWi-Fi 6対応ルーターとしての機能を持つ「QHora-301W」などの子機を各拠点に導入することで、全拠点が相互に接続するメッシュ型ネットワークを構築。拠点間を最短経路でセキュアにアクセス可能になる。

リモートワーカーも本社VPNではなく最寄りのQuWAN子機にアクセスすればVPNを利用できるようになる。「例えば、支店のファイルサーバーにアクセスしたい場合には、本社を経由する必要がなくなるため、VPN装置への負荷を抑えることができます」と原氏は説明する。

もちろんSD-WANの目玉機能である「ローカルブレイクアウト」も可能で、DPI(Deep Packet Inspection)機能で通信の宛先を判別し、Microsoft 365やZoomなどへは、最寄りのQuWAN端末までの通信を保護し、各拠点から直接アクセスすることができる。

さらに複数の回線をアグリゲーションする機能もあり、普段利用している回線とバックアップ回線を束ねて1つの回線のように扱うことで、ネットワーク品質を高めることが可能だ。
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。