企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

ネットワークの変革なしにDXは語れない 著名人が語るDXのポイント

提供◎ジュニパーネットワークス株式会社 2021.12.24

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

「エンタープライズDXを支えるネットワーキングのあるべき姿―セキュリティからクラウド、AIOpsまで」をテーマとして、ジュニパーネットワークスは「Juniper Virtual Summit for Japan 2021」をオンラインで実施した。基調講演では東京大学・デジタル庁の関谷勇司氏をはじめ、全日本空輸(ANA)の野村泰一氏やデンソーの成迫剛志氏が企業におけるDX推進の現状や実例について語ったほか、企業ITや運用DX、セキュリティをテーマにしたブレークアウトセッションにも注目が集まった。本イベントの模様を詳しくレポートしたい。

ユーザーや運用者のエクスペリエンス(体感)に重きをおくジュニパー2021年12月14日(火)、ジュニパーネットワークスは「Juniper Virtual Summit for Japan 2021」と題したオンラインイベントを開催した。

このイベントでテーマとして掲げられたのは「エンタープライズDXを支えるネットワーキングのあるべき姿―セキュリティからクラウド、AIOpsまで」である。ここでは、まず基調講演・特別講演を含むジェネラルセッションの内容から紹介したい。

デジタル技術の活用によるビジネスプロセスの改善や業務効率の向上を目指すDXには、すでに多くの企業が取り組んでいる。まず、Juniper NetworksのCEOであるラミー・ラヒム氏が登壇。ラヒム氏は、このDXを支えるのはネットワークであり、ネットワークで重要なのはつながること以上に、エクスペリエンス(体感)であると語った。

 

Juniper Networks CEO ラミー・ラヒム氏

Juniper Networks CEO ラミー・ラヒム氏

 

エクスペリエンスを高めるためのソリューションとして、ラヒム氏が紹介したのはビッグデータと機械学習を組み合わせてユーザー体感を最適化する「Marvis」という同社の製品に組み込まれた、独自のAIエンジンである。

「Marvisは休むことなく働いて、安定したネットワークや優れたエクスペリエンスを提供しつつ、ネットワーク運用を効率化します」

ラヒム氏はこう話し、ガートナー社が最近発行した2021年度版「Magic Quadrant for Enterprise Wired and Wireless LAN Infrastructure(エンタープライズ向け有線/無線LANインフラストラクチャ分野のマジック・クアドラント)」でリーダーに選出されるなど、Marvisが高く評価されていることを説明した。

Marvisによるエクスペリエンス改善の事例として、ラヒム氏は実在の顧客からのトラブルチケットデータのグラフも示した。それを見ると、当初は人間の介入を必要とするトラブルが目立っているが、徐々に人間が介入することなくMarvisで自己解決できた問題が増加している。ラヒム氏は、「(Marvisで自己解決した)多くの場合、人間は問題が起こったことすら気づいていない」という。

同じく、ジュニパーネットワークス株式会社 代表取締役社長の古屋 知弘氏も「つながるだけではなく快適に利用できるユーザー体感(エクスペリエンス)こそがネットワークの今後の最優先で求められるもの」としたうえで、2021年におけるジュニパーの国内での取り組みを紹介した。

 

ジュニパーネットワークス株式会社 代表取締役社長 古屋 知弘氏
ジュニパーネットワークス株式会社 代表取締役社長 古屋 知弘氏

まずはMist AIであるMarvisの進化だ。2021年は、有線LAN、Wi-Fi、クラウドへとMarvisの適用範囲を広げAIによる運用自動化を可能とするAIドリブンエンタープライズの提供を可能とした。

次に2021年1月に買収したApstraの統合である。データセンターネットワークにおけるインテントベースドネットワーキングの概念をジュニパーのポートフォリオに組み込むことで、複雑になりがちなデータセンターのIPファブリックの管理を自動化し、運用エクスペリエンスの向上を実現した。

さらにEVPN-VXLANをキャンパスネットワークに提供し、今後増加するIoTデバイスをサポートできる拡張性の高いネットワークの構築。今までキャンパスネットワークへの採用を検討されてこなかった、EVPN-VXLANの設計・設定・運用といった部分をAIにより簡素化することで、信頼性の高いネットワークの構築を可能にした。


DXにおけるインフラ(セキュリティやネットワーク)の重要性について講演したのは、東京大学 情報セキュリティ教育研究センターの教授であり、デジタル庁でもシニアネットワークエンジニアを務める関谷勇司氏である。

 

東京大学 情報セキュリティ教育研究センター教授 関谷勇司氏
東京大学 情報セキュリティ教育研究センター教授 関谷勇司氏

 

関谷氏は「サイバー空間のデータを分析したものがフィジカル空間に反映されて、それが人間の生活を豊かにしていく、この循環が生まれるものがサイバーフィジカルシステムだ」と語る。

具体例として関谷氏が挙げたのは、サイバー空間の分析結果を実際の運転動作に反映するコネクテッドカーや、売れ行きやラインの稼働状況といったデータを収集・分析してフィジカルの生産効率を高める製造業の取り組みである。こうした活動で鍵を握るのがデータだ。DXに取り組み、このデータを有効活用するためには、サイバーとフィジカル間でデータをスムーズにやり取りできるインフラを作ることが重要になる。

人任せにしないことも大切なポイントだと、関谷氏は述べる。特に日本企業は、システムの構築やアプリケーションの開発を外注することが一般的になっている。しかし単に業務効率化のレベルにとどまらず、デジタルテクノロジーを用いてビジネスの変革にまで踏み込むのであれば、企業が人任せにせず、主体的に取り組むのは当然だといえる。

このようにDXを解説した上で、「目的と手段を取り違えることなく、実現したいこと、改善したいことをどうやってDXしていくのか。それをアーキテクトできる人材と、それを受け入れる経営陣の判断、会社の柔軟性があれば、DXはできる」と関谷氏は話した。
 
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

qnap2202
softbank2202
prismasase2202

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。