企業ネットワーク最前線

Teamsで会議室とデジタルを融合 ハイブリッドワークで変わるミーティング

文◎村上麻里子(編集部) 2021.09.10

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ハイブリッドワークのミーティングは、会議室とリモートをオンラインでつないで行われる。「Microsoft Teams」はいずれからも主体的に参加でき、アイデアの創出やコミュニケーションの質の向上が可能だという。

「ポストコロナでは働く場所が多様化し、併せてミーティングも変化するだろう」。こう話すのは、日本マイクロソフト デバイスパートナーソリューション事業本部 ビジネス開発室長の河野万邦氏だ。

ここ数カ月、世界的にワクチン接種が加速している。ただ、大多数の人が接種を完了したからといって、新型コロナウイルスの脅威がなくなるわけではない。感染拡大のリスクを抑えるには、引き続き「密」な環境を避ける必要がある。

端的な例が働き方だ。毎日のように満員電車に揺られて出社し、オフィスに全社員が集まるという以前のスタイルへ完全に戻る可能性は低い。代わって今後は、自宅やサテライトオフィスなどオフィス以外の場所で働くリモートワークと、出社して働くオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワークが主流になると見られる。

経営層の7割が新しい働き方を検討米マイクロソフトが今年1月、世界31都市・約3万人の有職者を対象に行った調査によると、すでに経営層の66%が、ハイブリッドワークに向けたオフィスのリニューアルを検討し始めている。また、従業員の73%が「今後もリモートワークを活用した柔軟な働き方を希望している」一方、67%が「コロナ後はより多くの対面でのコラボレーションを望んでいる」と回答した(図表)。

 

図表 働く環境の変化→ハイブリッドワークへ

図表 働く環境の変化→ハイブリッドワークへ

 

コロナ禍においてリモートワークを体験した多くの従業員が、時間と場所を問わない柔軟な働き方というオフィスワークにはない利点と、円滑なコミュニケーションの難しさといった課題の両面を認識している。

ハイブリッドワークでリモートワークとオフィスワークの“いいとこ取り”を実現するには、ただ導入すればいいというわけではない。そこでマイクロソフトは、「People(人)」「Place(空間)」「Process(プロセス)」のそれぞれの分野で取るべき対策やマイクロソフト社内の取り組みなどを紹介したホワイトペーパー「ハイブリッドワーク:ビジネスリーダーのためのガイド」を無償で公開している。

このうち空間については、会議室のデジタルへの対応を提案する。というのも、ハイブリッドワークでは、離れた場所にいるメンバー間のコミュニケーションを最適化するのにミーティングが重要な役割を担うが、その際、自宅などリモートから参加する人はもちろんのこと、オフィスに出社している人も会議室からオンラインにつながるからだ。

特に日本企業の場合、コロナ以前のミーティングは会議室に集まって行うことが前提となっていたため、「ビデオ会議システム等が入っていない会議室が80%以上を占める」(Wainhouse, Microsoft カスタム調査 2020年8月)など、デジタル化が遅れている。

しかし、旧来型の会議室でオンラインミーティングを行うとトラブルが生じやすい。一例として、数人がノートPCから接続するとマイクやスピーカーが干渉し合ってハウリングやエコーが起き、進行に支障を来す可能性がある。

これに対しマイクロソフトは、「Microsoft Teams」を用いて会議室をデジタルと融合した場に生まれ変わらせるソリューションとして、「Microsoft Teams Rooms」をハードウェアパートナーとともに展開している。

Microsoft Teams Roomsは、会議室の規模に合わせたラインナップを揃える。機器の設置場所を確保することが難しい小規模会議室向けのTeams Rooms対応製品の1つ「Yealink MVC400」は、カメラとスピーカーが一体化した「UVC40ビデオバー」とミニPC、タッチパネルというコンパクトな構成で、スペースを取らずに設置することが可能だ。あらかじめPCで予約しておけば、タッチパネルをワンタッチするだけでTeams会議を始められる。

 

「Yealink MVC400」

「Yealink MVC400」は、カメラとスピーカーが一体化した「UVC40ビデオバー」とミニPC、タッチパネルというコンパクトな構成で、小規模会議室に設置することができる

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

NESIC2111
salesforce2111
BBB2111

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】特化型ワイヤレス進化論
<Part1>PS-LTEで公共安全DX <Part2>体表・体内に無線網
<Part3>山岳用LPWAで地方創生 <Part4>水中光無線が拓く未来
<Part5>ワイヤレス給電が長距離化 <Part6>音声通信が20年ぶり進化

インタビューサムスン電子ジャパン 常務取締役 Network事業本部長 岩男恵氏「ローカル5Gを確実に立ち上げ」 【ソリューション特集】イチからわかるネットワーク時刻同期/屋外無線LANの基礎知識 【インサイト】電気通信紛争処理の20年史 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アンリツ5G/ローカル5Gの電波干渉回避へ、
高まる時刻同期の重要性

アンリツの計測器「MT1000A」なら大丈夫な4つの理由

Japan Summitジュニパーが「Japan Summit」を
今年もオンライン開催!

テーマは「エンタープライズDX」を支えるネットワーキング

TP-LinkTP-LinkのメッシュWi-Fiルーター「Deco」 ISPも注目する強みとは

TP-LinkのメッシュWi-Fiルーターを採用するISP、オプテージが語る。

原田産業TSN時刻同期にGM200を選ぶ理由

高精度な時刻同期が必要な産業で、大きな支持を集める“高コスパ”なPTPグランドマスタークロックがある!

東陽テクニカ今こそ考える「GNSSに頼らない時刻同期」

5G、金融、産業ロボット…、求められるのがGNSSに頼らない時刻同期だ。

古野電気船舶で培ったGNSS技術で
“ナノ秒”の高精度インフラを支える

時刻同期を支える、古野電気の高性能・高信頼GNSS受信機!

ハイテクインター建設DXに屋外無線LANは必須
高信頼&高コスパWi-Fiを作業現場に

建設現場ならではの難条件も、簡単かつ安価にWi-Fiが導入可能!

セイコーソリューションズPTPもNTPも、通信も放送業界も
時刻同期ニーズに全方位対応

時刻同期ネットワーク構築の際に押さえるべきポイントを解説する。

丸文時刻同期の不安は“よろず相談所”へ

投資対効果に優れた安定的な時刻同期の実現に必要な製品提供から試験・測定まで、丸文がトータル支援

DPU注目の新デバイス「DPU」でデータセンターセキュリティはどう変わる?

NVIDIAなどが提唱するDPU。活用範囲の広さこそが最大の注目点だ。

沖縄ケーブルネットワーク「なんくるないさ、みんなも始めよう」沖縄ケーブルネットワークの挑戦

サードパーティ製光トランシーバーを採用してNWコストを劇的に下げる

DAACATV事業者は“意思決定”を
もう先送りしない

CATVネットワークのトラフィック対策の切り札「DAA」の課題が解消!

A10ネットワークスA10ネットワークスの現在と未来

米本社CEOや日本法人社長らがイベント「A10 CONNECT」で、ビジョンや今後の注力分野などを語った。

Communications Cloud大変革時代の通信事業者クラウド

新たな通信事業者向けシステムを、Salesforceの「Communications Cloud」で実現しよう。

BBB Spectrum100Gbps DCIのコストを半分に!
「光ファイバー波長貸し」という革命

圧倒的な低コストを実現したDCIサービス「BBB Spectrum」

Nuclias Cloud企業NWに必要十分なクラウド管理
多機能・低コストでホテルや学校にも

コロナで現地設定は困難。そこで注目したいクラウドからのリモート管理

NetMeister Prime無償で始めるNWのクラウド管理
一括設定や閉域網対応のPrime版も

遠隔からNW機器を管理したいが、コストはかけられない。そんな課題を解決

Ruijie NetworksRuijie Networksを
ハイパースケーラーが選ぶ理由

アリババやテンセントなど、「やりたいことを安価に実現」で支持拡大!

丸文安定・高品質なWebアプリを支えるモダンなDCネットワークはこう作れ!

データセンターネットワークの「モダン化」のポイントは何か?

エヌビディアNVIDIAはネットワークから変える
AI/IoT時代のDCインフラとは?

次世代データセンターに向け、エヌビディアがNWアーキテクチャを刷新

日本ソルテック監視カメラ、施設や学校にも好相性 実運用に堪える無料のクラウド管理

クラウド管理型ネットワーク「Nebulaクラウド」が好評だ!

コムスコープ・ジャパン5G基地局の設置効率化に「ケーブリング改革」が不可欠な理由

超小型軽量の配線システムで、工事時間を従来の半分以下へ削減!

サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方 

ブロードバンドタワー水落氏がサードパーティオプティクスの要点解説

WhatsUp Gold 2021確実にWindows環境のログを取得! 

ログ監視ツール「WhatsUp Gold」がさらにパワーアップ。ログ管理の課題を解決する新機能が多数追加!

ゼットスケーラーゼロトラスト実現の現実策とは?

どのようなリソース・手順を用いればいいのか? 無償ワークショップで自社の道筋整理を

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ中堅中小にちょうどいいゼロトラスト

中堅中小企業にも現実的なゼロトラスト移行ソリューションをチェック・ポイントが提供する。

プロディライト電話環境のDXを実現する!
岩崎通信機のオンプレPBXとも連携

出社せずに会社宛ての電話を受けられるクラウドPBX「INNOVERA」

CyCraft AIRなぜ、AI主導型EDRなら短期解決?
インシデント対応の4つのポイント

ごく普通の企業でもAI主導型EDRならサイバー攻撃対策の自動化が可能だ。

エイチ・シー・ネットワークス月1200円から目指すゼロトラスト
ソフトSIM+SWGで全通信を制御

導入の複雑さやコスト面から足踏みしている企業の悩みを解決

IIJグローバルソリューションズDXの鍵はXDRと戦略立案にあり!

デジタル・ガバナンスの整備~アドバイザリーまでを、IIJグローバルソリューションズが支援!

シスコシステムズ通信事業者のデータセンター運用を「直感的」に!

解決策までリアルタイム提示するCisco Nexus Dashboard

ネッツワイヤレスIoT回線の最適解「ネッツワイヤレス」 多要素認証でテレワークも

「現場改革」のための法人向けモバイル回線サービス!

Keysight World 2021ドコモが語るオープンRAN普及戦略
キーサイトが10/12からイベント

6Gに向けた最新技術トレンドがテーマ!(事前登録制、参加費無料)

Splunk Services JapanSplunkで真のゼロトラスト SIEMとSOARをストーリー仕立てで

ゼロトラストの実現に必要な統合管理/分析プラットフォームを提供!

Fortinetゼロトラストで変わる常識
VPNの課題を解決するZTNAとは?

ゼロトラスト原則に基づいたリモートアクセス「ZTNA」を徹底解説!

インテル多彩なXPU製品・ソリューションで
5Gの仮想化を支えるインテル

CPUに加え、FPGA、GPU、eASICなどで5G RANの仮想化に対応!

シスコシステムズネットワーク自動化の4つの原則とは?

オートメーションを通して「人に優しい」通信インフラを実現するシスコの構想

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012
ローカル5G情報局

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。