企業ネットワーク最前線

仮想化EPONで変わる光アクセス 古河電工がオープンソース「VOLTHA」で開発

文◎坪田弘樹(編集部) 2021.04.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワークの仮想化/オープン化の波はついに光アクセス設備にも及んできた。古河電工がONFのオープンソース「VOLTHA」をベースに仮想化EPONを開発した。光アクセスはどう進化していくのか。

5G基地局のオープン化を目指す「O-RAN」に注目が集まる一方、無線アクセス(RAN)とともにキャリアネットワークのラストワンマイルを担う光ファイバーアクセスでも、仮想化/オープン化が進んでいる。

これを主導しているのが、SDNの普及促進団体であるOpen Network Foundation(ONF)のSEBA(シーバ)プロジェクトだ。PON(Passive Optical Network)やG.fast等の光アクセス技術の仮想化を目的としており、適用先としてFTTHのほかモバイルバックホールやフロントホール(携帯電話基地局の親局と子局の接続部分)も想定されている。

このSEBAの活動において、PONの仮想化を推進しているのがオープンソースプロジェクトの「VOLTHA(ボルサ、Virtual OLT Hardware Abstraction)」だ。米AT&Tやドイツテレコム、NTTなど主要キャリアが参画。光回線終端装置(OLT/ONU)をはじめとする光アクセス設備の機能を汎用サーバー/デバイス、あるいはクラウドで実行し、SDNコントローラーから制御できるようにすることを目的としている。

目指すのはPON制御の自動化光アクセスはインターネット接続やIP電話、IPTV/動画配信などで使われているが、IoT/AIサービスの普及とともにその用途は多様化していく。そうした世界においてはPONの仮想化が不可欠と話すのは、古河電工の松本卓三氏だ。

「5Gのフロントホールも含めて様々なサービスが光アクセスに詰め込まれていけば、人の手で設定するのは不可能になる。自動化が必要であり、その前提として仮想化は避けられない」

古河電工はVOLTHAをベースとして、日本で主流のEPON(Ethernet PON)に使われるOLT/ONUを仮想化し、ソフトウェアによって仮想ネットワークを構築するSDN技術を開発した。これにより、サービスの使われ方に応じて回線状態を自動制御したり、需要に応じて動的に設定を変更し最適化したりすることが可能になるという。

この仮想化EPON技術によって光アクセス設備がどのように変化するのかを示したのが下の図表だ。

 

図表 既存のEPONシステムと仮想化EPONシステムのイメージ(画像クリックで拡大)

図表 既存のEPONシステムと仮想化EPONシステムのイメージ

既存システムではサービスごとに異なるOLT/ONU装置を用い、専門の技術者が現場で設定作業を行う。これを仮想化することでハードウェアを共通化。古河電工の後藤健一氏によれば、「データセンタースイッチと同様、OLT/ONUもホワイトボックス化が進んできて」おり、そうした汎用ハードウェア上で動作する仮想化EPONを、SDNコントローラーから一元的に制御できるようにする。上位アプリやオペレーティングシステム、AIとSDNコントローラーを連携させて動的な制御を実現するのが最終目的だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix2104
nisshoele2104
macnica2105

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】シン・ネットワーク
    コンバージェンス

<Part1>5G FMCは2023年始動へ <Part2>IP・光融合に好機到来 <Part3>ホームNWと企業は融合する <Part4>DXへ企業・キャリア融合 <Part5>5GCをコアにスマート工場

インタビュージュニパーネットワークス 古屋知弘社長「5G時代はマルチベンダー AI自動運用をレベル4以上へ」 【ソリューション特集】通信で変わる未来の建設現場 【技術&トレンド】オープン化でSONiCが選ばれる理由 【ビジネス最前線】JTOWERの「本気度」 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

日立国際電気ローカル5Gに無線・映像のDNA!
エッジで映像処理するAIカメラ

日立国際電気がローカル5Gの構築から保守運用までサポート!

NTTコミュニケーションズ高品質ローカル5GでDXを強力支援
運用、データ活用もワンストップ!

NTTコミュニケーションズのローカル5Gソリューションの特徴とは?

OKIローカル5GとAIエッジがDXに導く
OKIの技術力/パートナーをフル活用

ローカル5Gの導入から運用、マイグレーションまで全方位で支援する。

ローカル5Gを牽引する純国産検証機
スマート工場に特化し低価格を実現

エイビットのSA構成を採用した日本初の4.7GHz帯ローカル5G検証機

マイクロフォーカスキャリアの運用現場を知り尽くした
マイクロフォーカスが語る現状と未来

5G時代、大きな変化を迫られる通信事業者。課題をどう解決すべきか?

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

アンリツローカル5Gのサービス品質を支えるアンリツの測定器

シミュレータやエリアスキャナをコアにローカル5Gに必要な製品を用意

SerivceNow5G/IoT時代、通信キャリアに必要な新たなサービス提供とは?

新たなサービス創出に必要なモデルとは何だろうか。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます