企業ネットワーク最前線

ソフトバンク本気のクラウド戦略 Azureの最高パートナーに認定

文◎松本一郎(編集部) 2020.05.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンクがクラウドに“本気”だ。最高位のMicrosoft Azureパートナー認定を取得。通信・ネットワークに加えて、クラウドサービスの導入から運用までをフルサポートできる組織に生まれ変わったという。

 
約7万社。認定されたのはわずか3社のみ――。ソフトバンクは2020年2月13日、Microsoft Azureパートナープログラムの最高位「Microsoft Azure Expertマネージドサービスプロバイダー(Expert MSP)」と、優れたネットワークサービスプロバイダーが受けられる「Microsoft Azure Networkingマネージドサービスプロバイダー」の2つの認定を受けたと発表した。現時点でグローバルに7万社ほど存在するAzureのパートナーにおいて、Expert MSPの認定を受けているのは50社ほど。2つの認定を取得しているのはわずか3社のみだ。

当然、この認定を受けるのは容易ではない。「まずは通信キャリアとしての殻を破るところからスタートした」とソフトバンクの石田貴史氏は振り返る。既存の枠組みでは実現できなかったため、人材を社内から横断的に集め、2年前から準備と議論を重ねた末での認定だったという。

 

 

(左から)ソフトバンク インテグレーション部部長 石田貴史氏、課長 和田正紀氏

(左から)ソフトバンク クラウドエンジニアリング本部
IoTサービス統括部 インテグレーション部部長 石田貴史氏、
クラウドエンジニアリング本部 クラウドエンジニアリング統括部
PaaSエンジニアリング部 第4課 課長 和田正紀氏

 

 

準備は、新組織の立ち上げから始まった。Expert MSPに認定されるには、まずクラウドサービスを提供する専門の組織や体制を構築する必要があったからだ。ソフトバンクの社内には当時、そうした組織は存在しなかった。

もちろん組織を作って終わりではない。技術面やサービス導入実績だけでなく、中長期的な会社の事業戦略からガバナンス、人材の育成計画、採用計画など約70項目を監査され、そのうち90%以上に合格する必要がある。中には要求を満たしていないと“一発不合格”となる基準も存在する。監査人もグローバルの監査機関から派遣されるため、英語での説明や、膨大なエビデンスの用意が必要だ。「エンジニアチームを率いるトップが辞めた場合に備えて、後継者を誰に据えて、どういったトレーニング計画を用意しているかを示す必要もあった」と石田氏は話す。

苦労した“理由”Expert MSPに認定されると、新ソリューション開発の支援や、マイクロソフトから技術トレーナーを派遣してもらえるなどのメリットもある。ただ、認定を取得した狙いについて、石田氏は「差別化を図りたかった」と説明する。

ユーザーのクラウドシフトが進む中、クラウド向けの構築・運用を得意とするSIerも増えている。

ソフトバンクは以前からクラウドに接続するためのネットワークサービスだけではなく、Azureや、「Office365」をはじめとするクラウドサービス自体もユーザーに提供していた。しかし、通信キャリアのイメージが強いということもあって、「回線だけあればいいよ」と言われたこともあったという。そこでクラウドの構築や運用を含むMSPサービスを開始するにあたり、数多いるクラウドベンダーの中でブランディングを図るために認定取得を目指したのである。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cisco2005
zscaler2005
netskope2005

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】コロナ・5G・AI 
    ネットワークにいま起きていること、これから向かう先

●コロナ禍とインターネット ●Zoom Japan 佐賀氏インタビューコロナ後もWeb会議は定着」 ●仮想空間に「出社」する時代へ ●ベライゾンビジネスCEOインタビュー「5Gがすべてを変えていく」 ●5Gで実現する「周波数共用」●AIがネットワークトラブルを勝手に解決

[ビジネス最前線]ドコモのローカル5G構築支援策/ソフトバンクのNB-IoT戦略 [ソリューション特集]クラウドプロキシ/脆弱性診断 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

e-Janネットワークス「明日からテレワーク」。そんな急なニーズにも安心・安全に応える

テレワークをすばやく全社展開できる「Splashtop for CACHATTO」

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

アライドテレシスNWベンダーならではの脆弱性診断
セキュリティの第一歩はここから!

アライドテレシスなら簡単かつ安価に脆弱性診断ができる!

NTTコミュニケーションズ「ゼロトラストセキュリティ」へ
移行するための5つのポイント

脱・境界型セキュリティを図るための要点をNTT Comに聞いた。

IIJマルチクラウドへの備えはココから
「SaaSが遅い」問題を手軽に解消

Office 365等のSaaSが迫る企業NWの再設計にIIJのクラウドプロキシ!

ジュニパーネットワークスAIがUXを最大化するネットワーク
トラブル解決を自動運転で!

AIが自律的に障害対応するNWを
ジュニパーはすでに商用で安定稼働

レッドハット5G×コンテナ基盤×アプリを
エッジで自律運用

5G時代のNWインフラはエッジも自律運用できるクラウドネイティブへ

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ゼットスケーラーゼットスケーラーだからできる!
セキュリティとNWの脱・レガシー

オンプレミス非依存のセキュリティと、場所に囚われないNWアクセスを

NetskopeなぜNetskopeならテレワークが進むのか? 秘訣は一元制御にあり!

セキュリティが不安でテレワークが進まない。そんな悩みを簡単解消!

シエナシエナが800G光伝送のトビラ開く
1波長で400Gイーサ×2chを伝送

「800ギガが欲しい」。キャリアやクラウド事業者の声にいち早く応えた

リコーの「ITKeeper Meraki スマートサービス」テレワークは安定した接続環境から

一人情シスでも安心! テレワークを支える安定したネットワーク環境整備をリコーが支援

SigfoxLPWAの先頭集団を行くSigfox
約85万件の大規模導入も!

人口カバー率95%を超えたSigfox。最大の導入事例がニチガスだ。

丸文5G時代の差別化戦略を下支え!

5G時代到来でキャリア、クラウド事業者等が迫られているネットワーク変革の課題解決に注力する丸文

ハイテクインター2.5GHz帯プライベートLTEの
基地局を「100万円以下」で!

ハイテクインターは自営等BWA導入の全ステップをサポート

マクニカネットワークス脱純正トランシーバーで成功例続々
データセンター100G化に新選択肢

サードパーティ製の光トランシーバーでコスト抑制と自由度向上!

ZETAアライアンス“ビジネスになるLPWA”に101社が結集 市場創出に挑むZETA

弾みが付いてきた新興のLPWA規格、ZETA。その可能性を探った。

ガスミエールLPWAで安価にガス事業の効率化!

アズビル金門の「ガスミエール」でLPガス事業の業務効率化!LTE-Mにより遠隔から遮断・復帰も!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPAA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます